伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2017年8月3日号

名将・上田利治さんを悼む カープでは熱血指導で若手育成

上田利治

 名将を悼む。阪急、オリックス、日本ハムで監督を務めた上田利治さんが、7月1日に肺炎のため死去した。80歳だった。上田さんは捕手として関大から広島に入団。選手生活はわずか3年と短命だったが、初代のオーナー松田恒次氏に「将来の幹部候補生」と認められ、25歳の若さでコーチに就任した。1962年から8年間、門前真佐人、白石勝巳、長谷川良平、根本陸夫と四代の監督の下で熱血コーチ≠ニして手腕を振るった。信念と情熱を持った指導で、選手間からの信頼も厚かった。

 ところが、69年、あるらつ腕の球団幹部と衝突。フロントや選手が引き止めるのも聞かず、上田さんはさっさと辞表を出して退団した。当時、衣笠や山本浩二ら成長著しい若手選手たちからは「ウエさん、ウエさん」と慕われ、同僚の コーチも別れを惜しんだ。若輩記者だった私には、「ぼくはもっと野球を勉強したいんだよ」と言い残して70年に渡米、自費で野球留学をした。人柄も頭も良く、高校時代の担任教師からは「野球なんかやらずに、東大へ行って弁護士になれ」と勧められたエピソードも。

 広島のコーチ時代、春の日南キャンプでは、必ずハンドマイクを持って大声で指示、指導に当たった。その日の練習スケジュールは、時間割り単位で決め、スケジュール表は印刷して報道関係者にも配った。以来、ロスのない練習は無駄なくスムーズに進行していた。やがて各球団も「上田方式」を学び、上田さんは、その先駆者だった。

 74年に37歳の若さで阪急の監督に就任。75年から3年連続で日本一になった。上田さんの悲報に接した衣笠氏は「ウエさんは試合でも練習でも、いつもええで、ええで≠ニいう褒め言葉が口癖だった」と懐かしむ。「ええで節」は上田さんのフレーズでもあった。

 6年前、東京ドームの記者席で顔を合わせたときのこと。「コマちゃん元気かいの」と声を掛けてもらった。本人は入退院を繰り返し、自分の体もままならないのに、まず私の事を気遣ってくれた。上田さんらしいと思った。監督生活通算20年。全ては広島カープ入団から始まった。評論家としても歯に衣着せぬ辛口評。特に玄人筋には好評だった。「正義感」「信念」「情熱」を貫き、コーチとして監督として球界に多くの教え子を育み、足跡を残して旅立った。



pagetop