伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2017年10月12日号

いぶし銀の活躍でファン魅了

正田耕三

 球団史上ただ一人、二度の首位打者に輝いた選手は正田耕三だった。球界きってのスーパースター山本浩二も鉄人・衣笠祥雄も、この男には脱帽せざるを得なかった。

 正田は1985年(昭和60)市立和歌山商から社会人野球の新日鉄広畑を経てドラフト2位で入団した。日焼けした浅黒い顔に、身長は165cmと小兵だった。2年後に首位打者になるのだから、すごい選手としか思いようがなかった。その原動力となったのが、練習に対する貪欲さ。ノックが始まると、コーチに向かって遮二無二、がむしゃらにつっかかっていく。エネルギーを全開させて、まさに野球小僧そのものだった。正田の野球生活の中で驚かされたのは、2年目でのスイッチヒッター転向だった。1年目に右打者として1割そこそこしか打てなかった。そこで古葉竹識監督が指示したのが「左右両打ち」のスイッチヒッター。すでに高橋慶彦と山崎隆造が成功を納め、華々しく活躍していた。

 「両先輩ができたのだからオレにもできないことはない。練習は苦しいものではない。楽しくやれば結果がついてくるし、結果が出せればもっと練習したくなる」。スイッチヒッターに転向からというもの、正田の練習ぶりは目を見張るものがあった。バットをひと握り短く持って、キャンプでは来る日も来る日も鳥カゴ≠フ中で日がとっぷり暮れるまで打ち続けていた。この頃のグラウンドは、まるで戦場のようだった。高橋、山崎、長島清幸らは、通常の練習終了と同時に、自分たちの打撃練習場を求めて、場所取りに懸命。もちろん正田もその一人だった。二塁手として守備も、ドロくさくしぶとく打球を追った。二、遊間。一、二塁間。ぎりぎりの打球をダイビングしてアウトにしていた。攻守ともに急成長を支えたのは、やはり猛練習だった。

 入団3年目の87年は、シーズン開幕から2番打者としてヒットを量産。終盤まで巨人の篠塚と壮烈なデットヒートを繰り広げた。結局二人が並んで首位打者を獲得した。この年、実は正田の右手首はバットの振り過ぎからけんしょう炎を起こしていた。「痛くて眠れない日もあった。痛み止めの注射をしたり、薬を飲んだりして試合に出ていた」。右手首には常に白いテーピングが欠かせなかった。バントヒットが多かったのもそのせいだった。

 故障と戦いながらも88年も、2年連続の首位打者に輝いた。89年には3割をマークしながら、1試合6盗塁の日本記録をつくり、盗塁王のタイトルにも輝いた。91年には優勝も経験。「生涯最高の喜びとして、いまも記憶に新しい」と振り返る。派手さはなかったがいぶし銀の活躍で、常にわき役に徹しながらの14年間のプロ生活でベストナインに2度、ゴールデングラブ賞に5度輝いた。現役生活引退後は、広島のコーチを務め阪神、オリックスでもコーチとして若手選手を育てた。



pagetop