伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

■ 2017年11月9日号

5年間で81勝。太く短く輝く

池田英俊

 1962(昭和37)年、池田英俊は新人ながらいきなり16勝を挙げた。球団史上初となる「新人王」候補の最有力だったが、人気の球団でもあった巨人の城之内邦雄にタイトルを奪われた。

 池田は、明大からノンプロ八幡製鉄を経て入団。スカウトの話によれば「体は小さいがコントロールも良くリリーフとして起用できる」。いわゆるチームにとっては、どんな場面でも起用できる使い勝手の良い投手だった。この年は明大から名ショート≠フ漆畑勝久、ノンプロから龍憲一(福岡・大濠高)ら大量の15人が入団してきた。

 中でも予想外の働きを見せたのが池田。身長171cm、体重66キロ。かつてのエース長谷川良平とほぼ変わらないタイプ。開幕してみるとビックリ。予定?していた中継ぎ投手ではなく、いきなり先発 完投型のローテーション入り。初勝利した4月14日の対国鉄戦(現ヤクルト)で4安打完封。球威、変化球、制球力と文句の付けようがなかった。無駄のないフォームは、200勝投手の北別府学、今風なら野村祐輔似だろう。巨人のON=i王貞治、長嶋茂雄)相手に臆せずして頭脳をフル回転。外角低めのストレートで圧巻の三振に仕留めた。後々には、巨人戦に限っては苦手意識に陥り、ローテーションを飛ばされるようになる。

 翌年の63年は9完封を含む21勝をマーク。特に、国鉄戦にはめっぽう強かった(7勝2敗)。エースの大石清と投手陣の勝ち星を競った。入団5年間で2桁勝利の81勝も挙げた。

 私が市内白島町(現中区)の自宅を訪ねたころは、すでに池田は勝てなくなり、ローテーションを外れていた。原因は67年に練習中、右手首にボールを受けたこと。「思うようにボールが投げられない」と打ち明けた。内臓(胃痛)も弱くなり「ご飯一杯がやっとなんだ」と悩んでいた。投球練習もままならないほど、筋力も衰えつつあった。その悲劇は3年間も続く。池田の右腕はマウンドから遠ざかっていた。

 絶妙な配球も球威も「力いっぱい投げてもボールの回転が思うようにいかない」と、右手首にボールを受けた開幕直後のけがは投手生命を奪うものだった。

 「ぼくの目標は100勝」。常々口にしていた100勝は夢と終わった。67年以後の3年間でわずか2勝。最後のマウンドは69年9月7日。仙台での大洋戦となったが、2対8のスコアで敗戦投手。長谷川良平に次ぐ「小さな大投手」は8年間で通算83勝82敗。短命に終わったが、防御率2・83は立派だった。69年に引退後は広島のコーチを経て、中日に移り当時の「星野政権(現楽天球団副会長)」の頭脳コーチとして長年に渡り重責を果たした。


新春インタビュー プロ11年目 丸佳浩選手(2018.1.11)

スカウト時代は〈マエケン〉見出す 宮本洋二郎(2017.12.21)

パームボールでプロ生き抜く 川端 順(2017.12.14)

「江夏の21球」を演出した名捕手 水沼四郎(2017.12.7)

抑えの先駆者として活躍 龍 憲一(2017.11.23)

育成含め9人指名 期待度をみる カープの2017年ドラフト(2017.11.16)

5年間で81勝。太く短く輝く 池田英俊(2017.11.9)

クライマックスシリーズ敗戦 広岡達朗氏に聞く(2017.11.2)

ここ一番で勝負強さ。「ミラクル男」の異名 長嶋清幸(2017.10.26)

現役続行を視野、カープ退団 梵 英心(2017.10.19)

いぶし銀の活躍でファン魅了 正田耕三(2017.10.12)

〈シリーズ男〉の異名取った右腕 山根和夫(2017.10.5)

広島 圧倒的な力でセ連覇(2017.9.28)

事故乗り越え復活したサブマリン(2017.9.14)

慶彦との1、2番コンビで活躍(2017.9.7)

「巨人キラー」で名をはせる 大羽 進(2017.8.31)

カープ支える若手投手クインテット(2017.8.24)

三振奪取王に3度輝く 川口 和久(2017.8.10)

名将・上田利治さんを悼む(2017.8.3)

酒豪で知られた「カープを優勝させる会」発起人(2017.7.20)


pagetop