伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

■ 2017年12月7日号

「江夏の21球」を演出した名捕手 

水沼 四郎

 1969(昭和44)年、中央大からドラフト2位で入団した水沼四郎は「即戦力捕手」として騒がれた。同期の1位は「ミスター赤ヘル」となった山本浩二。水沼は捕手としてはスリム。強肩、俊足で鳴らしたが「正捕手」のマスクをかぶるまでは、少々時間を要した。75年の初優勝時には、6年をかけて正捕手になっていた。黄金期のカープ投手陣を支えるなど、球団史に残る名捕手の一人だ。

 球界の伝説≠ニもなった「江夏の21球」の名場面の相方は水沼だった。79年、対近鉄(現オリックス)との日本シリーズ第7戦。場面は大阪・難波にあった南海(現ソフトバンク)の本拠地。近鉄のホームグラウンドは藤井寺球場だったが、収容人員が満たされず、大阪球場に移してのシリーズ最終戦となった。ネット裏の記者席が狭かったため、三塁側寄りの臨時記者席にいた私は、目の当りにその瞬間のプレーを見ることができた。

 2点をリードしての9回裏。すでに広島ベンチは、優勝を確信したかのような笑顔が弾けていた。マウンドには当然のごとく抑えの江夏豊が立っていた。そして招いた無死満塁の大ピンチ。さっきまでにぎやかだったベンチは一瞬にして水を打ったような静けさに急変。ところが今度はマウンド上の江夏の表情がおかしくなっていた。グラウンド内にあったブルペンに走った池谷公二郎の姿が目に入ったからだ。当然一塁手の衣笠祥雄と水沼が、江夏のふてくされた気持ちをくみ取ってマウンドへ。「あの時、江夏さんと大の仲良しだったキヌさん(衣笠)の一言がなかったら…」と水沼は、衣笠のかけた一言が江夏の冷静を取り戻させたと。結果から見れば、明らかに江夏と衣笠がもたらした日ごろの友情が、この後の絶体絶命のピンチを脱出することになったのは間違いないだろう。

 グラウンドには小雨が降っていた。近鉄のバッターは石渡茂だった。江夏の得意のカーブで2ストライクと追い込んだ。水沼は言った。「スクイズはバッテリー間(2人)で来るな≠ニいう意識はあった」。二人とも三塁走者の代走藤瀬のホームへのスタートを察知。江夏は左腕を頭上にして、フーっと抜いたカーブを投げる瞬間、水沼も外角高めにミットを構え、バントを空振りさせた。一瞬のうちに打者を三振、三塁走者も本塁タッチアウトの併殺に仕留めた。「もう一回やれと言われてもできん。ピッチャーが江夏さんという名投手だから、ああいう芸当?ができたんだと思う」と水沼は、広島市内の繁華街に開いているバーのカウンター越しに「江夏の21球」の実話を訪れるファンに熱っぽく伝えている。

 83年、中日に移籍して同年で引退。通算成績は1333試合出場、706安打、273打点、41本塁打、64盗塁、打率2割3分。


新春インタビュー プロ11年目 丸佳浩選手(2018.1.11)

スカウト時代は〈マエケン〉見出す 宮本洋二郎(2017.12.21)

パームボールでプロ生き抜く 川端 順(2017.12.14)

「江夏の21球」を演出した名捕手 水沼四郎(2017.12.7)

抑えの先駆者として活躍 龍 憲一(2017.11.23)

育成含め9人指名 期待度をみる カープの2017年ドラフト(2017.11.16)

5年間で81勝。太く短く輝く 池田英俊(2017.11.9)

クライマックスシリーズ敗戦 広岡達朗氏に聞く(2017.11.2)

ここ一番で勝負強さ。「ミラクル男」の異名 長嶋清幸(2017.10.26)

現役続行を視野、カープ退団 梵 英心(2017.10.19)

いぶし銀の活躍でファン魅了 正田耕三(2017.10.12)

〈シリーズ男〉の異名取った右腕 山根和夫(2017.10.5)

広島 圧倒的な力でセ連覇(2017.9.28)

事故乗り越え復活したサブマリン(2017.9.14)

慶彦との1、2番コンビで活躍(2017.9.7)

「巨人キラー」で名をはせる 大羽 進(2017.8.31)

カープ支える若手投手クインテット(2017.8.24)

三振奪取王に3度輝く 川口 和久(2017.8.10)

名将・上田利治さんを悼む(2017.8.3)

酒豪で知られた「カープを優勝させる会」発起人(2017.7.20)


pagetop