伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2017年12月21日号

スカウト時代は〈マエケン〉見出す

宮本洋二郎

 山陰に足を運ぶと、今でも宮本洋二郎は伝説の男≠ニして懐かしがられている。出身の米子東高時代、ピッチャーとして山陰の地から初の選抜大会準優勝のヒーローだった。宮本は2年前まで、広島のスカウトとして、長年新人選手の発掘に手腕を振るってきた。現在は名古屋の日本福祉大、大阪の社会人野球のコーチとして指導に当たっている。

 宮本の投手としての球歴は輝かしい。高校時代、鳥取県下でも屈指の進学校出身。東京六大学リーグの早大に入学すると、1年生の春からマウンドに立った。ストレートとカーブは「プロのレベル級」ではと各球団から勧誘を受けた。1965(昭和40)年、結局巨人に入団した。

 ちょうど巨人の9連覇が始まった年。川上哲治監督の下、長嶋、王、高田、柴田、末次、土井ら球界を代表するそうそうたる打者がそろっていた。投手陣も藤田元、別所、城之内、堀内と強力な布陣。期待されながら名門チームへ迎えられたが、宮本の登板機会は少なかった。「当然のごとく自信をなくした。しかしあのメンバーの中で一時期を過ごせたというのも自分の中では納得している」と後々に話していた。2年間の成績はわずか2勝。67年シーズン終了と同時に「5番打者が欲しい」(川上監督)巨人からの移籍交渉に、広島は首位打者にも輝いた森永勝也外野手を放出することで、宮本との交換トレードが成立した。

 宮本の気持ちの中には「せめて関東の球団に…」という思いがあった。広島入りしたものの、当分は心の整理がつかなかった。「流川や薬研堀を飲み歩いたものだ」と荒れた時期もあったが、「プライドだけは捨てなかった」と述懐する。「広島は森永gさんを出してまで自分を獲得してくれた。ここで終わる訳にはいかんと思った」。気持ちを切り替え、自らリリーフ専門で生きることを決めた。チームの役割分担は「中継ぎ」。連投もいとわないタフネスさと、制球力の良さ。常に臨戦態勢でブルペンにいた。

 71年、根本陸夫監督3年目の広島は、球団史上初の10連勝を達成。宮本も、たった1球で勝ち星が転がり込むなど、プロ最高の6勝をマークした。

 しかし連投の影響で右ひじは悲鳴をあげていた。私は、宮本と歳が近いこともあってお互い仲が良かった。ある日、宮本はアンダーシャツを肩までまくり上げ、湾曲になった右ひじを見せてくれた。宮本の苦闘≠物語る一面に心を打たれた。 広島時代の7年間で通算16勝。74年に3球団目の南海に移籍し、3勝2敗4セーブと、与えられたイニングを全うした。

 その後は広島に戻ってコーチ、スコアラーを務め、最後はスカウトに。2006年、前田健太(現ドジャース)を高校生ドラフト1位指名で獲得したのは宮本だった。「他球団のスカウトに気付かれないよう朝晩徹底マークした。単独指名できた夜は、うれしくて朝まで飲み明かしたよ」。いまメジャーで大活躍する前田の話になると満面笑顔になった。



pagetop