伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2018年1月25日号

努力でつかんだ野球殿堂入り 

金本知憲

 星野仙一氏の悲報の後、阪神金本知憲監督の野球殿堂入りが発表された。「星野さんに報告したかった」と穏やかな口調でつぶやいた金本監督。この二人は師弟関係にあった。

 広島時代の11年間を経てFA行使で阪神に移籍。選手としての金本は、入団後2年間の2軍生活で培った雑草の強さが土台にあった。4年目に初めて「打者として認められた」(金本)規定打席に到達。以来トリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)を達成するなど強打者への道を歩む。2006年阪神に移ってからは1492試合連続フルイニング出場の世界記録を樹立。「鉄人」「アニキ」と呼ばれ、阪神のチームリーダーとなった。

 「このチーム(阪神)を改革するためには、なんとしても金本みたいな選手が必要なんじゃ」。FA権取得の金本獲得へ執念の交渉をしたのは、4日に亡くなった星野氏だった。

 両者の仲を知る者としては、金本監督の殿堂入りは本当に感慨深い。星野氏との絆を間近で見て来たからなおさらだ。阪神移籍後も猛練習の教本≠ニなってチームを引っ張った。期待通りの活躍で2度のリーグ優勝に貢献した。

 類いまれな人間力が本当に浮かび上がったのは、むしろ逆境の時だったように思う。一番印象深いのは、選手として晩年に近かったころだ。右膝を手術。最も深刻だったのは右肩痛だった。送球もままならず、芦屋の自宅から、昔から鍛え上げた広島のジムまで通っていた。苦痛にゆがんだ顔で必死にトレーニングした。球団からは、一年を棒に振ってもいいから、と手術を勧められたが「そんな時間はもったいない」と拒否した。コップの水を口に運ぶ時でさえ左手を添えなければいけないほどの重症だった。

 現役か引退か。この時の金本の心境は瀬戸際まで追い込まれていた。単純動作を繰り返すリハビリを連日この目で見た。一週間後だったと思う。右腕は徐々に上がり始め、それからしばらくして右腕は真上まで上がった。その瞬間、金本は「奇跡じゃの」と声をあげた。体のことで音を上げたことのない男が見せた喜びの声だった。

 いまだもって思い出されるのは2年越しで阪神監督の要請を受けたとき。当初は就任要請を断るつもりでいた。決断を強く後押ししたのは一本の電話だと聞いた。「カネ(金本)、なにをグズグズ迷っとるんや!やれ!おまえに、何かあったらワシが表に立ってやる」。星野氏の力強い言葉だった。師弟関係はさらに深まった。

 数々の記録と勲章を手にしているが、たゆまぬ努力を惜しまず、苦しんだ経験があってこその殿堂入りだろう。常に金本を目の前にして、多くのことを学んできた新井貴浩は「金本さんにはたくさんのことを教えてもらった。よく叱られもしました(笑)」。大学(東北福祉)の後輩でもある石原慶幸は「心からおめでとうございます、とメールしました」とそれぞれ祝福した。星野氏をはじめ、私が知る限り、彼に携わったみんながこう言う。「カネには感謝している」と。



pagetop