伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

■ 2018年2月8日号

今季の広島の戦力を分析

― 投手編 ―

 1日から始まった宮崎・日南キャンプ(天福球場)。1カ月間、選手は練習に明け暮れる。右翼後方のブルペンは日を追って活気に満ちてきた。リーグ3連覇へのカギを握っているのが投手陣だ。先発、中継ぎ、抑え。長いペナントレースを戦い抜くためには、決められたこのクルーの頑張りにかかっている。

【先発組】

 昨年同様、ローテーションが大きく変わることはない。クリス・ジョンソン、野村祐輔、薮田和樹、岡田明丈、大瀬良大地、九里亜蓮。ただ、ジョンソンを除いた5人は右腕。左腕不足は、 チームの長年の懸案事項だけに、若い高橋昴也、高橋樹也、塹江敦哉ら左腕の台頭が待たれる。昨年を振り返ると、エース的な存在だったジョンソンが、春先に咽頭炎を患った影響から6勝3敗の大誤算。逆にうれしい誤算となったのが薮田の台頭だ。先発をこなしながら時にはピンチを救うリリーフでも登板。規定回数不足ながら15勝3敗の勝率8割3分3厘で、セ・リーグ最高勝率のタイトルを獲得した。各チームの薮田攻略に対抗するため、今キャンプで打者の胸元を鋭く突くシュートの習得を目指 す。〈黒田遺産〉の一つとして、走者を置いた場面での「ここというピンチの時のゲッツー対策」という。併せてフォークも試投、投球の幅を広げることに躍起だ。何といっても真骨頂は150キロの真っすぐだが、プロ4年目はどこまでもどん欲だ。

 昨年、初の2桁勝利(12勝5敗)を挙げた岡田。奪った併殺打は19本で、井納翔一(DeNA)の17本を上回り最も多かった。ゴロで打ち取る投球術のさらなる進化が期待される。昨年10勝2敗の大瀬良も含めて、この若い3人衆がローテーションを守り、昨年同様、2桁以上の勝ち星を挙げることがチーム3連覇への条件の一つとなる。今年7年目を迎える、実績のある野村(昨年9勝5敗)は一 層の安定感が求められる。ローテーションの一角をシーズン通して任せられる一人。昨年、ローテーション谷間≠ナ登板した中村祐太(昨年5勝4敗)の飛躍も楽しみだ。

【中継ぎ】

 今年も外国人の存在がカギを握る。昨年、60試合にリリーフ登板した、ジェイ・ジャクソン。防御率2・30、30ホールドと、しっかり実績を残した。計算のできるジャクソンに加え、新戦力でレオネル・カンポスも加わる。一岡竜司は昨年、58イニングス3分の1を投げ防御率1・85の成績を残した。ピンチでのイニングまたぎもできる能力も十分備え、昨年以上の活躍が期待される。地味な成長を続ける中田廉にも注目が集まる。戦 況によっては左腕投入のケースから高橋樹、塹江、中村恭平らの出番も考えられよう。

【抑え】

 「カープのお家芸」「カープ劇場」と呼ばれ、ファンを熱くさせているのが逆転勝ち。一昨年は44回、昨年は41回あり、2年連続で40回以上はセ・リーグでは初めて。逆転したゲームを守り切るのが中崎翔太であり今村猛だ。昨年の中崎は中盤以降復活したが、シーズン前半はキャンプ初めのインフルエンザ、開幕直後の腰痛で離脱した。カバーしたのが今村だった。中継ぎ(17ホールド)、抑え(23セーブ)と、愚痴も言わずフル回転。今年も2人の奮闘が頼りだが、本命の中崎は体づくりとトレーニングを積んで、昨年の二の舞だけは演じたくないと表情を引き締める。

 しかし誤算、リスクは投手陣には付き物だ。首脳陣も選手も、特にケガなどには心してかかり、離脱者が出ないことを祈る。

 ※  ※

〈キャンプ日程〉

 日南は2月1〜13日、沖縄は16〜27日。休日は5、9、15、20日。



pagetop