伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

■ 2018年2月15日号

口達者でチームのムードメーカー 

金田留広

 トメさんの愛称で親しまれた金田留広投手。前人未到の「400勝投手」金田正一氏の実弟。1979(昭和54)年にパ・リーグの東映(現日本ハム)、ロッテを経て広島に移籍してきた。ロッテでの実績は兄金田監督の下で最多勝2回、MVP1回の輝かしい成績を残した。

 この年、同じ新入団選手だったのがお姉さんの子どもで、甥っ子に当たる金石昭人投手(PL学園)。金石はローテーションに入るまで、少し時間を費やしたが、トメさん(金田)は、主力級として迎えられた。「実のところ広島に来るには兄貴の口添えもあったんだよ」と移籍の裏話まで教えてくれた。

 カネやん(兄)譲りの口達者は、一度しゃべりだすと延々と続く。口の悪い連中からは「話半分にして聞いとけよ」と言われていた。ブルペンに待機中は、大きな声でしゃべくった。トメさんの快活で自由奔放さは、昔からおとなしい選手が多いチーム内にあって、異端児≠ニ呼ばれた江夏豊でさえ苦笑していた。歯に衣着せぬ発言は、ロッテ時代の実績とプライドがあったからこそだろう。春のキャンプからシーズン中の練習ぶりには投手陣も一目置いていた。カネやんが、選手時代(国鉄=現ヤクルト、巨人)からロッテの監督時代までやり抜いた「走れ、走れ」の方針をトメさんも貫いた。ランニングにダッシュ。トメさん流の練習方法には、首脳陣も任せっきりだった。「ピッチャーは下半身作りが一番じゃ。きょうも走れ、明日も走れ、ずっと走れ!」。トメさんイズムに若いピッチャーも追随するようになっていった。

 ところがトメさんが真価を発揮したのは移籍後の夏場過ぎ。前半戦は敗戦処理が多く「ワシは何しに広島に来たんや」とよく愚痴を聞かされた。投手コーチを目の前にしても平気だった。当時の広島投手陣はリーグ一のそうそうたる人材。池谷公二郎、北別府学、川口和久、大野豊、高橋里志、福士明夫、山根和夫に抑えで江夏豊。このメンバーで79年、80年とセ・リーグ連覇と日本一を果たした。

 トメさんの初先発は8月15日の名古屋球場での中日戦だった。大きなモーションから渾身の力を込めての落差のあるカーブにストレート。結果は5回を投げて3安打1失点(5対1)で移籍後の初勝利だった。続いて9月9日(広島市民球場)での阪神戦でも勝ったが、トメさんは「満足いくもんではないが練習だけは気を抜かずにやっていた」とファームでの生活を味わいながら、甥っ子の金石には「走れ、走れ」と身内に厳しくしていた。ときには「これはオフレコだよ」とささやくように「コマさん、次の東京遠征ではひばりさん(美空ひばり)の自宅にペイ(北別府)を連れて行くよ」。兄カネやんの紹介からか、美空ひばりの名前をよく聞かされた。

 結局広島での3年間は11勝。中日戦にはめっぽう強く内6勝をマーク。82年に引退。通算成績は434試合、128勝109敗2セーブ、防御率3・25。記憶に残る個性豊かなピッチャーだった。



pagetop