伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2018年3月15日号

いぶし銀のユーティリティープレーヤー 

木下富雄

 代打、代走、守備固め。いつでもどこでも、どんなケースでも準備万端で試合に臨んでいたのがヒゲ≠フ木下富雄内野手。見事な口ひげから「パンチョ」の愛称で親しまれた。バッテリー以外ならどこでも守るのがこの人の仕事。「ぼくは救急隊員」と自ら語り、その役割に徹していた。オールラウンドプレーヤーとして、1975(昭和50)年以降、広島の黄金時代の「古葉野球」を陰ながら支えた。

 74年の11月、ドラフト会場でのこと。東洋工業本社(現マツダ)からカープのオーナーに就任してきた重松良典代表が鼻をピクピクさせながら言った。「ウチの1位を当ててみんさいや。大型の内野手でウチの隠し玉じゃけんの!」。1位指名されたのが駒大の木下だった。確かに木下の名前が呼ばれると会場内は一瞬驚きの空気が流れた。

 75年の春季日南キャンプが始まると、早速、木下はその才能の片りんを見せる。ショートの守りに就き、ノックで披露した華麗なグラブさばきや、捕球後の一塁への素早い送球。レギュラーの三村敏之も日本ハムから移籍してきた駒大の先輩大下剛史も、木下の堅実な守りプラス強肩、正確なスローイングには舌を巻いた。

 ジョー・ルーツ監督が彼を気に入り、その後、ルーツの代わりに指揮官となった古葉竹識監督も「内野ならどこでも守れる」と太鼓判を押した。木下はスタメンでも出場したが、ほとんどの試合を控えとしてベンチの最前列で出番に備えた。「一人で何役もこなせる選手はそうそういない。ピッチャーの枠を増やせる」と古葉監督。戦略上の貴重な人材だった。

 木下が最も輝きを放った試合がある。広島が2度目の日本一に輝いた80年、近鉄との日本シリーズ。三村、山崎隆造の二・遊間コンビが不調だったため、木下が2番二塁で先発起用された。2勝3敗と王手≠掛けられた後の、第6戦と第7戦。木下はここぞとばかりいぶし銀の活躍を見せた。この日本シリーズ、決勝打を含む12打数7安打、得点に絡む2犠打の打率5割8分3厘で優秀選手賞を獲得。「地道に前を向いて懸命にプレーしていればこんなこともある。決して控え選手に甘えているわけではない。目標は常にレギュラー選手なんだ。でも与えられた場所でベストを尽くすのが自分の役目だと思っている」と初めての晴れ舞台を飾った木下が、記者団に囲まれてやや興奮気味に話したのを思い出す。

 木下は79年から86年まで、毎シーズン100試合以上に出場している。古葉、阿南準郎両監督時代にかけて5度のリーグ優勝と3度の日本一を経験。役者なら名脇役に違いない。

 プロ生活14年間の通算成績は1364試合、打率2割4分、48本塁打、221打点、106盗塁。87年に現役を引退後は主に広島の守備走塁コーチなどを務めた。後に解説者になり、現在は2人の息子さんらと経営する飲食店のオーナー。



pagetop