伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2018年3月22日号

インサイドワークに定評 

田中 尊

 1957(昭和32)年から「弱小球団」時代の捕手として、75年からは古葉竹識・阿南準郎両監督下で「黄金時代」のコーチとして、カープを支えたのが田中尊。

 55年、香川の高松商から南海(現ソフトバンク)に入団。57年、広島に移籍してきた。ちょうどこの年は、ホームグラウンドだった広島総合グラウンドから、広島市民球場に移った。7月24日には6基のカクテル光線の下、待望のナイター開きも行なわれ、29日にはオールスター戦も華々しく開催された。

 その翌年、田中は、それまでマスクをかぶり続けていた地元尾道商出身の川原政数に代わり、レギュラーの座を射止めた。4月11日(甲子園)、阪神との開幕第1戦。「まさかの開幕戦。先発はエース長谷川(良平)さんに次ぐ備前(喜夫)さんだった。相手のピッチャーは阪神のエースの小山(正明)さん。両投手とも調子は良く、自分のリードも回を追うごとに気持ちもほぐれて良くなった。5回に相手の浅越(桂一)さんに ホームランを打たれて負けたんだ。自分もヒットを打ったよ。満塁のチャンスだったが…」。0対1で広島が敗れた試合。田中はこの試合、チームのヒット2本のうちの二塁打1本を放っている。さも得意げにこの話をしてくれたのは、それから7年後、私が新人記者だったときである。

 色白でほっそりした体つきは、ホームベースを死守するタイプには思えなかったが、本塁ベースに突進してくるランナーに、何度かはね飛ばされながらも、野手からの返球のボールは離さなかった。彼の選手時代には関西大の上田利治、中央大の西山弘など話題の大学出身捕手の補強もあった。二人とも学生野球界ベストナインの常連だった。しかし、白石勝巳、門前真佐人、根本陸夫と歴代の監督がレギュラーとして起用し続けたのは田中だった。強肩でインサイドワークに優れ、長谷川、備前の二枚看板や、若い大石清、池田英俊、安仁屋宗八、外木場義郎たちをリードしてきた田中のミットは、常に広島投手陣を支えた。

 「キャッチャーの周りは危険地帯。南海時代、野村(克也)さんという偉大なキャッチャーがいて、とうてい自分にはレギュラーなんて考えられなかった。カープにきて運も良かったし、研究もした」。運の強さも味方につけた田中は、けがにも強く、故障で休んだのは数えるほどだった。捕手としてホームベースを守り続けた21年間、その証として体中にあざができていた。「これがワシの勲章とでもいうかな」。柔和な顔で振り返っていたのが印象に残る。

 オールスターにも2度出場。通算成績は1429試合に出場し打率1割9分6厘、619安打、8本塁打、173打点。72年に引退後はバッテリーコーチとして達川光男、道原博幸、水沼四郎らを、リーグを代表する捕手に育てあげた。



pagetop