伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年

新春インタビュー プロ11年目 丸佳浩選手(2018.1.11)

追悼星野仙一氏 中日入団時から親交 執着した金本のFA移籍(2018.1.18)

努力でつかんだ野球殿堂入り 金本知憲(2018.1.25)

今季の広島の戦力を分析 ― 野手編 ―(2018.2.1)

今季の広島の戦力を分析 ― 投手編 ―(2018.2.8)

口達者でチームのムードメーカー 金田留広(2018.2.15)

ロングティーで長打力をアップ〈春季キャンプ沖縄編〉(2018.2.22)

「孤高の男」 前田智徳(2018.3.1)

〈キックの宮〉で初優勝に弾み 宮本幸信(2018.3.8)

いぶし銀のユーティリティープレーヤー 木下富雄(2018.3.15)

インサイドワークに定評 田中 尊(2018.3.22)

広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

■ 2018年4月5日号

広島カープナイン様へ 〜投手編〜

 拝啓、春らんまんの候、ペナントレースが開幕しました。リーグ3連覇、悲願の日本一を目指し「カープ丸」は長い航海へと船出しました。

 振り返ってみれば今シーズンは、昨年のクライマックスシリーズのDeNAに敗れた瞬間から始まっていました。選手のみなさんは、それぞれがリハビリやジムに通ってのトレーニングに余念がありませんでした。11月の秋季キャンプでは、目を輝かせ必死に汗を流し、泥にまみれて練習に取り組む、みなさんの姿が印象的でした。みなさんが練習を終えてグラウンドを去るころは日南の夜空に星が散らばっていました。

 やがて迎えた2月の春季キャンプ。張り切るコーチ陣の号令で、球場が緊張感に包まれました。「今年こそは…」と高い目標と課題を掲げて臨んだオープン戦を経て、あっという間にシーズンを迎えました。長丁場の戦いを乗り切るための体力、技術、対戦相手の予備知識など、選手のみなさんには、あれも、これもと…時間が足りなかったのではないでしょうか。

 しかし、2018年度はスタートしました。オープン戦の結果は12球団中11位と不振でしたが、最終戦となったソフトバンク戦はローテーションの柱となるクリス・ジョンソン選手、大瀬良大地選手、野村祐輔選手はきっちりとらしさ≠発揮しました。新鋭の2年目左腕、高橋昴也選手は、球に力があり、真っ向から若さあふれるピッチングが目立ちました。畝龍実ピッチングコーチも「高橋は先発もロングリリーフもできる能力を持っています。楽しみにしていてください」とキッパリと言い切ってくれました。

 ほかには、昨年3勝をマークした4年目の塹江敦哉選手や、同じく4年目の藤井皓哉選手など、キャンプの実戦で評価の高かった投手が何人かいました。もう一人注目してほしい人がいました。ナイジェリア人の父と、バレーボールの元実業団選手の母を持つ、身長196cm(右投げ右打ち)のアドゥワ誠選手です。長身からのストレートは伸びがあり角度もあります。今季は、こうした若い人材の中から、ぜひ、1軍の戦力に加わってほしいと願っています。

 少し心配なのは薮田和樹選手です。オープン戦では結果を出していませんでした。立ち上がりが悪く制球力に難があり四球病に苦しんでいました。ただし、本番のマウンドに上がれば、150キロの球威と多彩な変化球で、そんな不安を払しょくしてくれると信じています。岡田明丈選手は残念ながら、開幕選手登録からは外れましたが、昨年2桁勝利の実績もあり、どうか昨年と同様にローテーションの一角を守り切ってください。九里亜蓮選手には今季は大きな期待が掛かっています。

 中継ぎ陣の一岡竜司選手、今村猛選手、中田廉選手、ジェイ・ジャクソン選手に抑えの中崎翔太選手には、先発陣の後方支援部隊として昨年なみの力を出し切ってもらえることを願います。

 最後に一つ。毎年のようにローテーションから一人、二人と不調を訴える投手が出てきますが、どうかその期間が短くありますように。また、故障者が出ないことを祈るばかりです。特に今年は巨人、DeNA、ヤクルトなどが戦力をアップしてきました。3連覇への厳しいシーズンは覚悟の上だと思います。
敬具



pagetop