伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

■ 2018年4月12日号

多彩な攻撃陣〈打者編〉

 セリーグの王者らしい開幕ダッシュ。25年ぶりの開幕4連勝で、広島は3連覇へ力強いスタートを切った。小技あり、ホームランありとお家芸≠フ多彩な攻撃陣。田中、菊池、丸、エルドレッド、松山、メヒア、安部、会沢、石原、下水流、西川…。

 オープン戦の不振(3勝9敗2分け、11位)に多少の不安があったにせよ、ペナントレース本番と同時に払拭(ふっしょく)した。

 野球は息詰まる投手戦も良いが、打撃戦が面白いと言われる。昨年までの2連覇の内容を見ると、試合終盤の逆転や、サヨナラ勝ちの「広島劇場」がカープファンを大いに沸かせた。今季も真っ赤に染まった本拠地マツダスタジアムは、ミラクルな逆転劇に盛り上がっている。丸と松山は、声をそろえて「毎試合超満員のスタンドの声援には胸を熱くさせられる」と語り、ファンの声援が心の支えとなって、実力以上の力が発揮できることに感謝している。

 かつて、現役時代を広島でプレーしたことのある中日・森脇浩司コーチ(元ソフトバンクコーチ、オリックス監督)は「いきなりの3連敗。広島の野球は1番から8番まで、どこか らでも得点してくる。今年も強い」と打線のすごさに脱帽した。

 1〜3番の「タナ、キク、マル」が得点源で先陣を切り、エルドレッド、松山の中・長距離砲が炸裂。

 だが、万全とはいえない心配もある。一つは鈴木誠の離脱だ。開幕試合の中日戦で「4番」で本塁打を打ち、主砲の夢をふくらませてくれたが、昨年中盤で痛めた右足首手術の症状が思わしくなく、4戦目のヤクルト戦(神宮)から出場登録を抹消された。鈴木誠の代役を担うのはエルドレッドや、松山になるが、ともに実績があり、鈴木誠にはあせらずじっくりとリハビリして戻ってきてほしい。もう一つは、開幕を前にして左ふくらはぎを痛めた新井だ。3月28日、大阪のホテルであった「星野仙一さんを送る会」に出席していた。「かつて、ぼくも阪神の一員でした。監督・星野さんのもとで、直接戦ったわけではないけど、当時シニアディレクターとして目を掛けていただいた。さらに楽天に行かれて球団の副会長のときお前が広島に帰れるものなら、それが一番いいと思うぞ≠ニ背中を押してくださった」と祭壇の前で復帰を誓った。最近になって本格的な練習を始めたが、戦列を離れてみて「カープ打線の強さを思い知らされた」と改めて認識していた。41歳。チーム最年長だが欠かせない存在。

 選手層の厚さは12球団一。1軍で出番のチャンスをうかがっている美間、堂林、磯村、西川ら伸び盛りの若手がいる。お互いに競争心をあおりながら、日々テーマと課題を持って練習に励んでいる。ファームと1軍の格差が縮まっているのは確かだ。田中、菊池、丸、松山、安部ら全員が、ファームを経験してレギュラーの地位をゆるぎないものにした。

 マツダスタジアムは今年で10年目の節目を迎えた。球団史上初の3連覇へ、頼もしさと楽しみを満載してのシーズンインだ。



pagetop