伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2018年4月19日号

広島で才能開花 

鵜狩道夫

 球団創設から10年が過ぎた1958(昭和33)年、「弱小球団」からの脱却を図るため、広島は選手強化に打って出た。積極的な大補強≠行った。東京六大学・東都大学野球から拝藤(立教大)、小坂(法大)、森永(専大)、古葉(専大中退、日鉄二瀬)たちといった、いわゆる名の通った選手が入団した。

 一方で、広島の白石監督が球団サイドで協力を要請したのが、当時黄金期≠誇っていた福岡の西鉄ライオンズ(現西武)。西鉄には、球界の魔術師£m将・三原脩監督の下に鉄砲∴尾和久、ホームラン王¢蜑コ弘、怪童£西太、名手*L田泰光と、そうそうたるメンバーがそろっていた。ただ、こうした強力メンバーの陰に隠れ、力を発揮できない選手が何人もいた。そこに目を付けたのが白石監督だった。福岡へ何度も足を運び、チーム改革への第一歩として譲り受けたのがピッチャーの鵜狩道夫と外野手の大和田明だった。

 鵜狩道夫は鹿児島の伊集院高出身。180cm、82キロ。上手からのオーソドックスな投げ方で、速球とカーブが武器だった。性格的には男らしく、本人いわく「竹を割ったようなタイプ」。西鉄での3年間は1勝も挙げられなかった彼が、広島のマウンドを踏んでからは見違える活躍をした。感激のプロ初勝利は、6月15日の大洋(現DeNA)とのダブルヘッダー2試合目、1対0の完封勝利を収める。結局この年は、6勝7敗の好成績を挙げた。西鉄を送り出されるとき、三原監督に「ストレートとカーブはいいのだから、もう一つ打者の懐(インコース)を攻めるシュートを身に付けろ!」とアドバイスを受けていた彼は、59年に、そのシュートを修得。巨人をはじめ阪神、大洋などから勝ち星を挙げ、11勝10敗の成績を収めた。

 しかし、そんな順風満帆な日々に陰りが見え始める。先発に、リリーフにと登板過多による影響で右肩痛に襲われ、62年は4月28日の国鉄(現ヤクルト)戦の1勝しか挙げられなかった。8月5日の国鉄戦で敗戦投手となって以降は、1軍を離れ、シーズンが終了するまで2軍生活を送った。「あの時は毎日が憂鬱(ゆううつ)だった。嫁さんにも、野球を辞めて、かごんま(鹿児島)に帰って、何か商売でも始めようと言っとったんだ」。ところが、覚悟を決めて球団に行くと、この年のオフに球団のオーナーに就任した松田恒次東洋工業(現マツダ)社長から「まだまだ大丈夫だ。もう一年頑張ってみなさい」との言葉をもらう。「肩の状態もようなって いたのは自分でも分かっていた。ただ、成績が成績だけに、クビを覚悟して会社に行ったんよ…」。

 松田オーナーの言葉が鵜狩の心を揺さぶった。「もう肩がどうなってもいい。与えられたマウンドでただひたすら投げ込もう」と、63年に復活。6勝を挙げ、65年は二桁の10勝をマーク。西鉄時代埋もれていた右腕は、広島での実働12年間で401試合に登板、55勝72敗の成績を上げた。勝ち星の内容は10完封、25完投と見事な投げっぷり。引退後は故郷の伊集院でスポーツ店を手広く経営。カープが初優勝した75年からは、同期入団の古葉監督を激励するため毎年のように日南キャンプに顔を出していた。



pagetop