伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2018年5月17日号

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人

不屈の野球人生、サインには「忍耐」

 「ホームランには、こだわりがあるんだ」。衣笠くんに何度か聞かされた、彼の哲学の一つだ。入団4年目には、コーチだった根本陸夫氏(元ダイエー現ソフトバンク監督)が監督に就任する。

 根本監督は、衣笠くんの育ての親≠ナもあった。1年目、2年目と続いた、衣笠くんのいわゆるやんちゃ時代。ファーストミットを持たせ壊れた肩に付き合い、毎日のように「上から投げろ!」とキャッチボールの相手をした。バッティングも「フルスイング」を強制した。そして将来性を見込んでの一塁のレギュラーポジションを与えた。

 「おまえの売りは何だ」と根本監督に口癖のように問われたところから、あのバットを長く持ちヘルメットが吹き飛ぶほどのフルスイングがスタートする。当時からメジャー通だった衣笠くんは、名スタープレーヤーだったウイリー・メイズのスイングに憧れていた。振って、振りまくった。

 やがてそのスタイルだけでは壁に当たるが、70年に関根潤三氏が打撃コーチになると「感性だけでは駄目だ」と、打撃フォームを事細かに教えられた。ステップの大きさや、バックスイングの深さ、トップの位置、振り出しの角度。理論に裏付けされた打撃技術である。そのスイングを固めたのが練習量だった。大きな鏡の前で自分のフォームをチェックし、いつも首をかしげていた姿がいまも浮かんでくる。

 ワインとスコッチウイスキーが好きだった。宮崎・日南キャンプでは、練習後に古ぼけたスナックに立ち寄り、アルコールは一滴も飲まずケーキとコーヒーのおかわりで過ごす江夏と、若い高橋慶彦を呼んで、根本監督、関根コーチから譲り受けた理論を自分流にアレンジした野球談議≠重ねた。

 時々、その輪の中に入れてもらったが、音楽も耳に入らないくらい3人は話に熱が入っていた。ちょくちょく、衣笠くんが席を外した。野球談議で思い付いたことがあると、バットを振りにいっていたのだ。誰にも邪魔されず集中できるからとバットを持って深夜の屋上に上がった。

 「野球をやりたいのか、やめるのか」。スランプに陥ると常に自分自身に問い続け、逃げ腰になる自分を戒めた。常に前を向く向上心、そして、練習量に支えられた肉体。2215試合の不滅の連続試合出場記録と、カープの黄金期を支えた鉄人≠ヘ努力の二文字の上に成立した。

 ちなみに前述した79年は骨折後、福永富雄トレーナーのサポートなどを受けて、連続試合出場だけは続けて20本塁打、打率278厘の成績を残して、カープ2度目のリーグ優勝に貢献。「江夏の21球」で有名となった日本シリーズも制している。心優しき男だった。衣笠くんを嫌いという人間に出会ったことがない。ライバルと言われた山本浩二とも分かり合っていた。

 その昔、日南キャンプ地には広島から夜行寝台列車で向かっていた。ある年のこと、衣笠くんは見慣れぬ大きなバッグを少し開けてうれしそうに金色に光るものを見せてくれた。トランペットだった。「寮で吹くと迷惑が掛かるんでね。日南キャンプなら思い切り吹けるでしょ」。彼のトランペットの音を聞かせてもらうことはなかったが、ジャズなど音楽を愛し、英会話を勉強し、本も読破した個性派だった。

 生涯成績は、2677試合に出場(2215試合連続出場)、2543本安打、504本塁打、1448打点。タイトルは打点王1度、盗塁王1度、最多安打1度(当時はタイトル表彰なし)。サインを求められると「忍耐」という文字を添えた。それは彼の不屈の野球人生そのものを表す言葉だったのかもしれない。不滅の鉄人…背番号「3」。安らかに。



pagetop