伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

2015年

2016年

2017年

2018年


広島カープナイン様へ 〜投手編〜(2018.4.5)

多彩な攻撃陣〈打者編〉(2018.4.12)

広島で才能開花 鵜狩道夫(2018.4.19)

プロでの夢破れ、高校球児に夢託す 山本翔(2018.4.26)

追悼 衣笠祥雄〈前編〉 骨折でもフルスイングの鉄人(2018.5.10)

追悼 衣笠祥雄〈後編〉 努力の上に成立した鉄人(2018.5.17)

現役に固執。米独立リーグから連絡待ち 梵英心の近況(2018.5.24)

今季の支配下登録選手の年俸(2018.5.31)

スペシャル対談 駒沢悟×山内泰幸(2018.6.7)

■ 2018年6月28日号

交流戦を振り返る 4年ぶり負け越し 投手陣に乱れ

後半戦 中継ぎ陣の奮起に期待!!

チームの柱・大瀬良は大飛躍

 交流戦(18試合)を7勝11敗、10位で終えた広島の成績は予期せぬ成績だった。リーグ戦では開幕から首位の座を譲らなかった広島にしてみれば、リーグ3連覇への危険信号だ。

 オールスター戦を挟んでの中盤、後半戦へのリーグ戦が再開したが、カープの不安材料は拭い去れない。一番は昨年15勝をあげ、優勝への大車輪の活躍をした薮田の不調だ。常にカウントを悪くしてのスリーボールとの戦いとなった。メンタル面で立ち直るきっかけが欲しい。

 150キロのストレートという心強い武器がある。1軍と2軍の往復で色白の顔も少し日焼けしてきた2軍の佐々岡ピッチングコーチは「球威は一流だが、いまだコントロールにバラツキがある」としながらも、「チームには欠かせないローテーションの一角であり、近いうちに上(1軍)に戻るでしょう」と期待を寄せる。本来の力強い薮田が見られるか。

 不調の薮田に代わって今季初めて交流戦での先発をつかんだ福井も、2度の登板の機会を生かせなかった。格下の2軍相手のピッチングが抜け切れていなかった。追い込んでからの勝負球でも、1軍の打者は甘いボールは仕留める。2011年早稲田大からドラフト1位で入団。新人でいきなり8勝を上げ、15年にも9勝を上げている。8年目の今季を「勝負の年」と決め込んでいるだけに、福井のひと踏んばりに期待したい。

良い流れで中崎へバトンを!

 今後のペナントで気がかりなのはチーム防御率の悪さ。63試合終了時点になるが4・22はリーグ5位。この数字を下落させているのは中継ぎ陣だ。彼らは、先発陣の継続投手として7回、8回からマウンドに立つ。一塁側スタンド下にあるブルペンでは一岡、ジャクソン、今村、中崎、中田、永川、中村恭、藤井皓たちが熱のこもったピッチングに余念がない。1、2軍の入れ替えがあっても、大体このメンバーで戦っている。

 特に勝利への依存度が高い一岡、今村、ジャクソンの失敗が過去2年間より目立っている。各チームとも中継ぎの重要性が問われているが、広島の3連覇へのカギを握るのは中継ぎ陣の奮起だ。

 先発陣はどうか。首位チームの柱となって支えているのが大瀬良だ。7連勝するなど両リーグ単独トップ(21日現在)の9勝は大飛躍。自己最多の10勝更新は間違いない。5月の「月間MVP」もプロ5年目にして初受賞。「信じられなかった。自分なんかが取れるとは思ってもなかった。チームメートやファンの声援のおかげです」と感謝の思いを胸に、後半戦に向けて新たな気持ちをかきたてていた。昨年のオフからリリースポイントの位置を高くしたのが好調につながっているという。「左手を上げることで投げるまでの右手の位置が下がる。助走が大きいほどボールに力がこもる」とちょっとした改良が、自らを大きく変えた。

 後半、混戦が予想される中、開幕投手を務めた野村は背中の筋挫傷で薮田とともに調整中だが、両投手の復帰は3連覇へ不可欠だ。やや精彩を欠いている岡田にも本来の姿を取り戻してほしい。エース格ジョンソンは安定しているが先発陣を含めたリリーフ陣の奮起。良い流れで抑えの中崎へバトンすることが勝利へのカギになる。


元広島監督 古葉竹識氏
「ベテラン起用も必要」

 キャッチャーは野球の要であり司令塔といわれてきた。キャッチャーのサイン1つでピッチャーも野球も動く。このところ気になっているのがベテランの石原の存在だ。16日のソフトバンク戦では、久々にスタメン出場したが、今季は試合出場が極端に減ってベン チを温めている。代わって一発長打もあり、打撃力のある會澤がほとんどマスクをかぶり続けている。

 今季の広島は、若手投手陣の中でも中継ぎの失敗が目を引く。終盤の逆転負け、勝ち越し点を与える試合が気になった。「ピッチャーを立て直すには思い 切って経験豊富なベテランの起用も大事だ」と元広島監督の古葉竹識さんはベテラン勢の重要さを説いていた。

 後半戦、地味で常に冷静さを備えた石原の出場機会に注目してみては。同じことは野手の新井にも言えよう。



pagetop