ジモ通トップ > 今日も野球日和 第11回 ポスト・マエケンめぐり激化する若手の競争 春季キャンプ便り〈日南編〉

今日も野球日和

第11回 ポスト・マエケンめぐり激化する若手の競争

春季キャンプ便り〈日南編〉

 2月1日から始まったカープの日南キャンプは順調だ。早くも第3クールに突入。実戦練習の中の紅白戦はベテラン、若手、新人、新外国人選手らレギュラーポジションを目指して の競争が続いている。

 2年目を迎えた緒方監督は、昨年のAクラス入り(CS進出)を最終戦で逃した悔しさと責任を踏まえて、キャンプイン初日から 自身にもナインにも常に厳しく臨んでいる。

 「ピッチャーを中心に守り勝つ野球。1点を手堅く取る野球」が今季の緒方野球のテーマ。

 右翼後方の室内ブルペンには、緒方監督がピタリと張り付いている。マエケンが抜けた(ドジャース移籍)投手陣が、一番気掛かりで心配な点だ。

 畝ピッチングコーチは「当然ですよ」とうなずく。ポストマエケン≠フ 一番手に上げたのがおととしの新人王で実力派の大瀬良だ。昨年はチーム事情から、セットアッパーに回された。「先発ローテをきっちり守って投げる方が性格的に合っています」とブルペンでは生き生きとして投げ込み、最も早い仕上がりを見せていた。マエケン伝授のフォークボールも試す。「投球幅が広がってより効果もある」と大瀬良は2桁以上の目標を掲げている。

 並ぶようにして投げているのが、昨年不調(5勝8敗)だった野村だ。「制球 力を重視しながら投げている」と若手投手陣の競争心をあおっている。入団5年目で自身最多の9勝をマークした福井も「今年は2桁はいきます」と意気込む。

 こうしてポスト・マエケンをめぐって大瀬良、野村、福井らブルペンは、日を追って加熱。受ける捕手陣は「同世代の競争は面白いです。3人とも手応えがあるし、それぞれの勝ち星は増えると思う」とベテランの石原。

 もう一人、楽しみな存在なのがルーキーのドラフト1位、岡田(大商大)だ。 MAX150キロ台のストレートに変化球のキレも良い。畝コーチは「先発でも抑えでもいけそうです。ひょっとすると2桁台も届きそうです」と目を細める。

 ポスト・マエケン。ローテーション入り。激化する若手陣の競争は、近年にない日南キャンプの中身の濃さを漂わせていた。

プレスネット2016年2月13日号掲載


   
メルアド
パスワード
次回から自動でログインする
パスワードが分からない
無料会員登録
ポイントについて
T・ジョイ東広島 プレスネットへの要望・提案はコチラ 店舗掲載について
プレスネット ポスト設置場所
東広島市 東広島市ホームページはこちら
東広島市 市民活動情報サイトはこちら
ケータイで
ジモ通を見る!!
ケータイで
ジモ通に登録!!