伝説の記者 コマサンの「今日も野球日和」

プロ野球記者歴50年。伝説の記者・コマさんのコラム

プロフィル こまざわ・さとる
1942年、広島県生まれ。報知新聞入社後、半世紀にわたり野球記者一筋。主な著書に「昼も夜もカープ」(ベースボールマガジン社)、「赤ヘル軍団」「古葉竹識我慢の野球」(ともに講談社)、監修本に「耐えて勝つ」(古葉竹識)、「広島カープ 苦難を乗り越えた男たちの軌跡」「大野豊の全力投球(ともに宝島社)がある。現在、関西記者クラブ会員、プロ野球殿堂入り投票者、スポーツライター。

過去の記事を読む

5年間で81勝。太く短く輝く(2017.11.9)

クライマックスシリーズ敗戦(2017.11.2)

ここ一番で勝負強さ。「ミラクル男」の異名(2017.10.26)

現役続行を視野、カープ退団(2017.10.19)

いぶし銀の活躍でファン魅了(2017.10.12)

〈シリーズ男〉の異名取った右腕(2017.10.5)

広島 圧倒的な力でセ連覇(2017.9.28)

事故乗り越え復活したサブマリン(2017.9.14)

慶彦との1、2番コンビで活躍(2017.9.7)

「巨人キラー」で名をはせる 大羽 進(2017.8.31)

カープ支える若手投手クインテット(2017.8.24)

三振奪取王に3度輝く 川口 和久(2017.8.10)

名将・上田利治さんを悼む(2017.8.3)

酒豪で知られた「カープを優勝させる会」発起人(2017.7.20)

2015年

2016年

2017年

■ 2017年11月16日号

育成含め9人指名 期待度をみる

カープの2017年ドラフト

 2017年度ドラフトは、12球団114選手が指名された。すでに各球団指名選手が続々と入団表明するなど、新天地へ胸を弾ませている。広島は1位指名の中村奨成捕手を始め6人の指名選手と3人の育成選手の9人を指名した。それぞれの選手の特徴、期待度などを取り上げてみた。

 地元広陵高の中村は、今夏の甲子園大会で史上最多の6本の本塁打を放った注目選手。幼い頃からカープが大好きで球場に通い、カープは「憧れの球団」だった。相思相愛に広島のファンも大いに喜んだ。評論家の広岡達朗氏は「マスクも良く、足も速く、筋力もある。山本浩二タイプの選手になる。素材は日本ハムの清宮幸太郎以上で将来が楽しみな存在だ。どこを守らせても大成する選手」と最大の評価。キャッチャーは、打撃力や肩の他、ピッチャーの配球の組み立てが求められ、どこよりも難しく時間のかかるポジション。中村は「配球をしっかり見つめ直し、守備でアピールすればバッティングは練習すればうまくなっていく自信がある」と捕手として久々に頼もしい新人だ。

 2位の山口翔投手(熊本工高)は181cm、76キロ、右投げ右打ち。本格派で熊本大会1回戦ではMAX152キロをマーク。スタミナもあり将来性が楽しみだ。3位のケムナブラッド誠投手(日本文理大)は、広島のキャンプ地日南市の出身。米国人を父にもつハーフ。150キロの球威もあり、広島が早くから目を付けていた右腕だ。

 4位の永井敦士外野手(東京・二松学舎大付高)は、鈴木誠也の後輩にあたる。高校通算47本塁打を放ち、技術もパワーも超高校級。特に広角打法は、プロのスカウトも絶賛。50m5秒8の俊足も魅力だ。今夏の甲子園では4番・左翼として活躍した。5位の遠藤淳志投手(霞ヶ浦高)は、184cm、74キロ、右投げ右打ち。細身の体ながら、柔らかい腕の振りから投げ下ろすスピードボールが武器。プロで体ができれば、元広島の川口のようなタイプとして成長が楽しみだ。6位の平岡敬人投手(中部学院大)は、大学の最終学年では右肩関節炎のけがで苦しんだが、球団は最速150キロ台の直球に魅力を感じて指名。平岡は「治療の結果痛みはありません。プロでは直球勝負が目標です」と意気込みを語っている。

 育成では1位で岡林飛翔投手(三重・菰野高)、2位で藤井黎來投手(秋田・大曲工高)、3位で佐々木健投手(静岡・小笠高)を指名。計9選手の入団が予定されている。

 参考までに、地元広陵高出身でトップ指名された捕手は66年1次の須山成二、03年白浜裕太に次ぎ、中村で3人目。他球団では広陵高から同志社大を経て5年前巨人に入団した小林誠司がいる。



pagetop