■ 2017年6月1日号

託児補助・仲間とのチームワーク
子育て世代に 働きやすい環境を提供

 「良い毎日にはヤクルトさんがいる」のキャッチコピーでおなじみのヤクルト。ことし7月には西条中央のセンターが新西条センター(八本松)に、そして高屋町には新しいセンターができる。いつも笑顔で商品を届けてくれるヤクルトスタッフの仕事について聞いた。(繁澤)

「ありがとう」の言葉で頑張れる

担当マネジャーのヤクルトスタッフの月村さん(左)と小川さん(右)
―仕事内容は。

 商品を一般家庭や事業所へ届ける仕事です。

―ノルマやセールスなど大変そうですが。

 商品の届け先はいつもヤクルト商品を飲んでいるお客さんが中心なので、ノルマはありません。

―未経験でも大丈夫。

 今のスタッフも未経験者でした。ヤクルトセンターマネジャーがあなたの気持ちに立ち、仕事のノウハウを指導するので安心です。バイクが苦手な方には自家用車になりますが、車での配達も可能です。バイク研修も自動車学校で行います。

―仕事のやりがいは。

 一言で商品をお届けする仕事といっても、夏は暑く、冬は寒い。雨など天候によって大変なことは多い。でも、私たちが来ることを心待ちにしている人もいて、「ありがとう」と言ってもらえた時のうれしさは言葉では言い表せません。

―女性の多い職場での人間関係は。

 子育て世代が多く、問題や悩み事を話し合えるので大変助かっている。ピリピリした人間関係はなくみな仲良くやっている。社員やエリアリーダーが心配りをしっかりやってくれているので、孤立することなく楽しく仕事ができています。

―ヤクルトで働いたきっかけは。

 託児補助や商品の従事者割引、ガソリン補助、誕生日月プレゼントなど制度がしっかりしていて子育てと両立するのに最適な環境だったため。子どもの急な発熱で休まなければならない時も仲間が代わりにそのエリアに入ってくれる。そこでの収入は代わってくれた人に入るので、相手を責めることもない。その中で連帯感が生まれ、別の人が休みの時には気持ちよく協力できる。

―どのような人材を求める。

 明るくて元気な人。人の温かみを感じることができて、痛みも分かる人を求めています。すぐ、面接して採用ではなく、まず見学をしてもらうのもその方の人柄を見るためです。

―2センターが新しくできる。

 7月にヤクルトセンターを八本松と高屋に分けることで、今まで行き届かなかったエリアにも商品を届けることができる。そのための業務拡大に向けた募集です。


東広島市・竹原市の求人情報

バックナンバー

■ 2017年8月10日号

■ 2017年6月1日号

■ 2017年3月18日号

■ 2016年12月24日号

■ 2016年11月19日号

■ 2016年10月15日号


pagetop