2019年05月23日(木) 09時44分 UP!!

180人参加作品の世界観学ぶ 池坊巡回講座


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 華道家元池坊東広島橘支部は5月6日、東広島芸術文化ホールくらら小ホールで「池坊巡回講座—Ikenobo2019—」を開いた。約180人が参加。
 講師は、池坊中央研修学院研究員で、池坊を学ぶ男性華道家グループ「IKENOBOYS(イケノボーイズ)」リーダーの柿沢正一さん。午前の部は「目に見えるいろ」、午後の部は「心を映すいろ」をテーマに、色彩だけではなく、作品の背後にある世界観や美感について紹介した。
 広島県出身の柿沢さんは、地元で咲いたコデマリやオオデマリを生けた作品を披露。デモンストレーションでは、柿沢さんが観客へガーベラを1本ずつ手渡し、受け取った観客はステージに上がってガーベラを生け、みんなで一つの作品を作り上げた。同講座は、華道家元池坊が1952年から毎年全国各地で実演講義を開いている、池坊最大規模の出張講座。今年のテーマは「花は人なり」で、11月まで全国約180カ所で行われる予定。
(村岡)

特集もっと見る