2019年07月15日(月) 09時37分 UP!!

初期救急医療体制を強化 平日夜間 小児科空白日は半減


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


東広島市は7月から初期救急医療体制を見直し、平日の夜間診療や休日診療体制を拡充した。これまで、平日夜間に診療ができない小児科の「空白日」は月に8日程度あったが、今回の対応で空白日はほぼ半減。内科の空白日はゼロになる。
 東広島市では、平日夜間の初期救急は市内の開業医が輪番で担っていた。しかし、小児科を中心にした医師不足や医師の高齢化などで、初期救急を維持する医師の確保が喫緊の課題となっていた。
 このため、市では東広島地区医師会と連携し、初期救急に協力できる医療機関に働き掛けを行っていた。広島大大学院(内科)、同医師会所属の新規開業医(小児科)、県立障害者リハビリテーションセンター(小児科)、隣接市の開業医(小児科)が協力することになった。
 新たな医師を確保できたことで、市休日診療所(東広島保健医療センター内)では年間で24日〜48日、平日の夜間診療(内科・小児科)を開始。

続き>> http://www.pressnet.co.jp/article/190711_02.php

Jimo通+ TV

サイクルロードレースはなぜ東広島で開かれたのか。きっかけは東広島市の「伝説的レーサー」

『女性が輝ける職場づくり』がキーワード【シナジーコミュニケーションズ】

女子日帰り二人旅♪1万円で3島巡る しまなみ海道へ!

VRで土砂災害を疑似体験 東広島消防局防災センターで無料体験

特集もっと見る