2019年07月18日(木) 18時36分 UP!!

西日本豪雨1年「同じ悲しみを繰り返さない」東広島市で追悼式

祭壇に花を手向ける参列者

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 14府県で死者・行方不明者200人以上を出した西日本豪雨は7月6日、最初の大雨特別警報が出てから1年を迎えた。各地で追悼式が開かれ、犠牲者の冥福を祈るとともに、復興への誓いを新たにした。関連死7人を含む19人が死亡し、いまだ1人が行方不明となっている東広島市では、同市西条西本町の東広島市市民文化センターで追悼式があり、高垣広徳市長や遺族、地域住民ら約120人が参列した。

 式では、1分間の黙とうの後、高垣市長が式辞で「自然災害をなくすことはできないが、被害を最小限にとどめ、2度と同じ悲しみや苦しみを繰り返さないことを、改めて固く決意した。誰もが安心・安全に暮らせる東広島市の実現に向け、全身全霊で取り組んでいく」と述べ、災害対応能力の強化を図ることを誓った。その後、遺族や参列者が、設けられた祭壇に花を手向け、犠牲者を悼んだ。

続き>> http://pressnet.co.jp/article/190718_01.php

特集もっと見る