2019年08月07日(水) 10時42分 UP!!

来場者が10万人超える 企画展「海底に眠る軍艦」【大和ミュージアム】

戸高館長(左端)と塩田さん一家

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 今年4月から大和ミュージアム(呉市宝町、戸高一成館長)で開催している企画展「海底に眠る軍艦―『大和』と『武蔵』―」の来場者が7月25日、開催82日目で10万人を突破。10万人目となった来場者に戸高館長から記念品が贈られた。
 10万人の来場者は福岡市から家族で訪れた小学3年生塩田大貴君(8)。大和ミュージアムを訪れたのは初めてで、戸高館長から認定証と記念品を受け取った塩田君は「10万人目になってうれしいです」と喜んでいた。
 企画展では、2016年に引き揚げられた大和の遺留品18点のほか、潜水調査で撮影された動画や静止画などを展示。引き揚げ品では、46a主砲火薬缶などを見ることができる。企画展は来年1月26日まで。入館料は一般800円、高校生500円、小中学生300円。
(日川)

特集もっと見る