地域ニュース一覧

 東広島市を拠点に活動する車いすソフトボールチーム「広島サリーレ」の江南聖さん(35)が、8月15〜17日に米国カンザスシティで行われた2019車いすソフトボールワールドシリーズに日本代表選手として初めて出場。日本は米国、ラテンアメリカの代表チームで競う国別対抗戦で初優勝を果たした。  9月17日には、江南さんと日本車椅子ソフトボール協会の理事で日本代表チームのコーチ、下川友暉さんの二人が、東広島市役所に高垣広徳市長を訪問し、優勝を報告=写真。高...
 東広島市と市社会福祉協議会の「令和元年度地域防災リーダー養成講座」が始まった。地域の防災対策の推進と、自主防災組織の育成・活性化を図ることが目的。  第1回目の講座は9月15日、同市西条町助実の東広島市消防局庁舎で行われ44人が受講した。オリエンテーションでは、同市で災害が発生した際に被災者とボランティアを結び、被災者の生活を迅速にサポートするための仕組みを紹介した。  第1回目の講師は、山口大学工学部の瀧本浩一准教授。演題は「自主防災...
 第1回森のコンサート(刈又池里山の会主催)が9月15日夕、東広島市八本松東の刈又池里山の会・健康つくりの森で開かれた。訪れた親子連れたち約200人が地域グループの奏でる生演奏などを楽しんだ。  風光明媚(めいび)な刈又池を眺めながら森林浴が楽しめる会場には、ステージが組まれ、4グループがハーモニカやオカリナ、ウクレレ、金管五重奏の演奏を披露。子ども7人を含む1グループがフラを発表した=写真。訪れた人たちは、ステージの出し物に目を細めなが...
八本松ひょっとこ愛好会の6人は9月11日、東広島市八本松町原にある八本松中央幼稚園を訪問。ひょっとこ踊りを園児に披露した。  愛好会が踊るひょっとこ踊りは、宮崎県日向市調永田地区の山之口神社発祥のもので450年前から踊られていることなどを、絵を使って園児たちに説明。このあと、一緒に踊りを踊って楽しんだ。  年長の新出大翔君(6)は、「手を上げてダンスするところが楽しかった」とにっこり。友道治代園長は、「年長の子は2度目の機会。みんな楽しみに...
 東広島青年会議所は9月17日、西日本豪雨災害の義援金として、14万400円を東広島市に寄付した。市役所を訪れた同青年会議所の部谷拓司理事長は、高垣広徳市長に目録を手渡した。  義援金は、同青年会議所が8月31日に東広島市西条栄町の西条中央公園で行った、西日本豪雨災害の犠牲者への鎮魂の祈りと復興への願いを込めた縁日での売上金の全額。縁日では、地域の人々や子どもたちに笑顔を取り戻してほしいと、子どもらが笑顔をテーマに描いた絵をかぶせたキャンドルに...

特集もっと見る