• プレスネット連載コラム 発達いろいろ

文/県発達障害者支援センター
(東広島市西条町西条414-31)
相談=電話082(490)3455

常にあちこち動いて落ち着きがない、丁寧に説明しても伝わらないなど、子どもたちの気になる行動。 「年齢としてまだ難しい」など、さまざまな理由があります。 その理由の一つとして、『発達障害』の影響を受けている行動の可能性もあります。
 発達障害についてお伝えしたり、保護者の皆さんからの質問に答えたりして、 発達障害の影響を受けているお子さんへの子育てのヒントにしていただきたいと思います。

過去の記事を読む

>><1> 子どもたちの気になる行動の背景には…

>><2> 自閉スペクトラム症って何?

>><3> 注意欠如・多動症(ADHD)って何?

>><4> 限局性学習障害(SLD)って何?

>><5> 「氷山モデル」の考え方

>><6> 保護者の悩み 読み聞かせなどの活動に最後まで参加することが難しい…

>><7> 保護者の悩み 友達の輪に入ってうまく遊ぶことが難しい…

>><8> 保護者の悩み 思い通りにならないと友達をたたいたり蹴ったり…

>><9> 授業中、キョロキョロ… ずっと落ち着きがない


■ 2017年10月5日号

発達いろいろ <1>

子どもたちの気になる行動の背景には…

 常にあちこち動いて落ち着きがない、丁寧に説明しても伝わらないなど、子どもたちの気になる行動には理由があります。そしてその理由は一つではありません。例えば、年齢としてまだ難しいこともあれば、経験したことがなくて、できないのかもしれません。子育てや周囲の環境も大きく影響することがあります。

 今回、皆さんに知っていただきたい視点の一つとして、先に述べた行動の中には、『発達障害』の影響を受けている行動の可能性があるということです。

 「発達障害?」と思う方もいるかもしれません。発達障害は、脳の働き方に独特さをもつ障害です。独特さとは、同じぐらいの年齢のお子さんとは違った注目、情報の捉え方、またコミュニケーションや対人関係などの違いになります。

 発達障害については、まだ分からないこともありますが、分かってきたこともたくさんあります。このシリーズでは、そんな発達障害についてお伝えしたり、保護者の皆さんからの質問に答えたりして、発達障害の影響を受けているお子さんへの子育てのヒントにしていただきたいと思います。

 10月19日号では自閉スペクトラム症についてお伝えします。

こんな子いませんか

●常にソワソワ・あちこちしていて落ち着いていない
●初めてのことや変化がとっても苦手
●丁寧に説明しても伝わっていない
●1番や色、座る場所などにこだわりがある
●自分の気持ちを言葉で伝えることが苦手
●落とし物や無くし物が多い
●文字を読んだり、書いたりすることが苦手
●友達と遊ぶよりも、自分のイメージの中で遊んでいることが多い
●音や光、におい、食べ物などで苦手なものがある

文/県発達障害者支援センター(東広島市西条町西条414-31)
 相談=電話082(490)3455



pagetop