レッドカーペットに7000人

役所「たくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ」

work1
八丁座での舞台あいさつに出席したキャスト陣

 オール広島ロケで撮影された映画『孤狼の血』の公開初日の5月12日、広島市中区のえびす通り商店街で凱旋(がいせん)レッドカーペットイベントが開催された。

work1
写真左から江口洋介、役所広司、松坂桃李

 東京での初日舞台あいさつが行われた後、役所広司、松坂桃李、江口洋介、音尾琢真、阿部純子、白石和彌監督が広島に駆け付けた。広島出身の俳優、さいねい龍二と沖原一生も合流し約70mのレッドカーペットを歩いた。会場に集まった約7000人の地元ファンに、キャスト陣を代表して役所、松坂、江口があいさつ。役所は「今フランスではカンヌ国際映画祭が行われているが、今日のレッドカーペットにはかなわないのではないか」とコメントして会場を大いに沸かせた。

 その後、今作の上映が行われている八丁座で舞台あいさつが行われた。撮影を振り返り、松坂は「撮影中もそうだったが、再び広島に戻ってきて改めて広島の皆さんの愛を感じた」と語り、江口は「呉で撮影をしていた時、街に繰り出すとどれだけ広島の人々に極道映画が根付いているかを実感した。呉弁は難しかったが、独特の抑揚があり極道役を演じる際に助けてもらった。この土地でなければこの映画はできなかった」と話した。

 呉市出身の沖原は「広島に今作と共に帰ってくることができて幸せ。まだ作品を見れていない人には、『はよ見に行きんさい』と言ってもらえれば」とアピール。最後に役所が「ぶち面白い映画じゃけえ、たくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ」と呉弁で力強く呼び掛けた。

文・FM東広島パーソナリティー 上利悠貴 写真・宮風D奈

work1
写真左から白石和彌監督、さいねい龍二、沖原一生 阿部純子、音尾琢真

トップ | 作品紹介 | 劇場レビュー | 公式サイト

pagetop