東広島市内の団体に所属する『ゆるキャラ』たちが、高垣広徳市長を訪ねた。市観光協会の「のん太」、安芸津町商工会の「せんざぶろう」、市社協の「こころん」、伯和ビクトリーズの「ビクトリオ」が、高垣市長と机を囲み、「東広島を笑顔あふれる市にしていこう」などと話した。

  • ビクトリオ

     社会人野球チーム「伯和ビクトリーズ」のマスコットキャラクター。不死鳥がモチーフ。軽やかな動きが特徴で、試合やイベントで会場を盛り上げる。

  • こころん

     東広島市社会福祉協議会のイメージキャラクター。ハートがモチーフ。手に持ったかばんには、温かい思いやりの心が詰まっており、みんなに配って笑顔にしてくれる。

  • せんざぶろう

     安芸津町をPRするキャラクター。頭は同町特産のビワ、着物は特産のジャガイモと海をイメージ。名前は、同町出身で「吟醸酒の父」と呼ばれる酒造家・三浦仙三郎にちなんだ。

  • のん太

     東広島市公認マスコットキャラクター。民話に登場するお酒好きのタヌキがモデル。趣味はお祭りと宴会。東広島市各地のさまざまなイベントで、盛り上げ役として活躍中。


pagetop