気になるエクステリア情報

読者アンケート 憧れの外構工事は「ガーデンルーム」

 マイホームの顔となる外構(エクステリア)。どんなエクステリアに関心があるのか、読者40人にアンケートで聞いた。

 「理想のマイホームのために実行してみたいエクステリア」の問いでは、ガーデンルームを選んだ人が最も多かった。次いでエントランスポーチ、カーポート。

 「いつか実行してみたい憧れのエクステリア」でもガーデンルームと答える人が多く、関心の高さがうかがえた。「天気を気にせずに洗濯物が干せる」ことに魅力を感じている人が多い。「第二のリビングにしたい」「友人とお茶をしたい」などという声もあり、くつろぎの場所≠ニしても注目されていることが分かった。

アンケート概要
■戸建て住宅に住んでいる東広島市の住民
■女性…36人、男性…4人
■30〜40代

Q.理想のマイホーム(外構)にするために、実行するならどんな外構工事ですか。(複数回答)

Q.「いつかこういう庭(外構)にしたい」という憧れを教えてください

●今は安いフェンスで、周りから丸見えだから、ウッドにしてグリーンとかかわいく飾りたい。(40代、女性)

●ガーデンテラスで、時には友人を招いて優雅にお茶したい。(40代、女性)

●庭全面に防草シートを張って防犯 砂利を敷きたい。(30代、女性)

●バラのアーチ。(40代、女性)

●大きな秘密基地のような物置。(40代、女性)

●年を取ったら2階のベランダに洗濯物を干しに行くのが大変だろうからガーデンルームが欲しい。(40代、女性)

地元店舗に聞いたおすすめのガーデンルーム

  • ▲庭小町おすすめ
    ガーデンルームハピーナ(土間仕様)
    ライフスタイルに合わせて選べる多彩な開口部による豊かな採風性が特長

  • ▲若田緑地建設おすすめ
    ガーデンルーム ココマU(腰壁タイプ)
    自然を身近に感じられる第二のリビングとなる空間を提供


Q.抜いても抜いても生えてくる雑草に困っています。何かいい解決方法はないかしら?

A.耐久性の高い防草シートを敷いて、砂利やタイルでおしゃれに!


▲異なる色や形の砂利やタイルを敷けばおしゃれなスペースに

 庭全面を土間コンクリートのように1つの素材で舗装すると、単調になりがちです。防草シートを敷いて、タイルや砂利など、おしゃれな素材や機能性のある材料を組み合わせるのもおすすめです。砂利を踏んだときの音が大きい防犯砂利もあります。

 防草シートは耐久性の高い素材ほど費用は高めですが、一度しっかりと施工すれば雑草が生えてくる心配はありません。

 駐車スペースのコンクリートを延長したり、目につきにくい場所は砂利敷きにしたりして予算を節約するなど、組み合わせ次第で予算に応じたプランニングができます。(回答者:スエヒロ建工/須賀讓司代表取締役)


スマホで受け取りが確認できる!便利な宅配ボックス

 留守中に宅配荷物が受け取ることができる宅配ボックスを付ける人が増えている。

 LIXILの「スマート宅配ポスト」は、ホームネットワークシステムでスマートフォンとつなぐと、荷物の受け取りや取り出し状況がスマートフォンでどこにいても確認できる。

 問い合わせは取り扱い店の若田緑地建設へ。

宅配ボックスでストレスフリー

>>実際の使い方は動画でチェック!


どうやって庭木を選ぶ? 近年、人気の樹種はこれ!

 庭に木を植えようと店に行っても、種類が多く迷ってしまう。そこで、堀内造園の堀内竜介社 長に庭木選びについて聞いた。

―人気の庭木は何ですか。

 堀内 近年のカツラ、アオダモ、ソヨゴあたりが人気ですね。この3種類は比較的育てやすく、形や大きさもいろいろなものが出回っています。

―庭木を選ぶポイントは。

 堀内 まず環境に合うかどうかが重要です。寒さや暑さ、日当たり、土壌、また樹木が成長するとどのようになるかなど。お客さんにはある程度の好みを聞き、10年後をイメージしてもらいながら樹種を提案していきます。専門業者と相談しながら、納得のいく樹種を選ぶのがおすすめです。

  • ▲カツラ

  • ▲アオダモ

  • ▲ソヨゴ

取材協力/スエヒロ建工問0120-661-667、庭小町問082-497-0677、堀内造園問082-436-0001、若田緑地建設問082-434-1811〈五十音順〉


プレスネット2019年11月28日号掲載



特集もっと見る