2019年05月14日(火) 09時59分 UP!!

鞆の浦の初夏の風物詩「観光鯛網」開催中!


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 観光鯛網は、鞆の浦に約380年も伝わる伝統漁法。漁の前には、航海の安全と大漁を願う樽太鼓と大漁節が浜中に響き、弁財天の使い・乙姫が大漁祈願の舞を踊ります。手船という小さな船で弁天島の弁財天に祈願して出漁。参加者は潮風に吹かれながら、船上から漁の様子を見学可能。観覧料は高校生以上2800円、小・中学生1400円。
 日時/5月26日(日)まで。午前の部10時30分〜(日・祝日のみ)、午後の部13時30分〜(開催期間中毎日)。
 場所/福山市鞆町仙酔島田の浦
問い合わせ先/(公社)福山観光コンベンション協会084(926)2649

Jimo通+ TV

広島県のコロナ対策や施策、政治の動向、東広島の印象など広島県議会議員・恵飛須恵二先生に聞いた【2020.7.2 特別編/新聞記者のひとり言】

昼と夜、どちらの事故が多い?【2020.7.1 後編/新聞記者のひとり言】

「時を戻そう」東広島のドライブスルー・テイクアウトどうなった?【2020.6.24 後編/新聞記者のひとり言】

雨の季節到来…東広島でも梅雨入り。変わる災害時の行動。あなたはどこに避難?【2020.6.24 前編/新聞記者のひとり言】

特集もっと見る