2019年08月19日(月) 15時36分 UP!!

錦帯橋の夏の風物詩「鵜飼」 遊覧船からの眺めは神秘的で圧巻


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 山口県岩国市では、9月10日(火)まで錦帯橋の下、清流錦川で鵜飼が行われています。鵜飼は、鮎漁が解禁となる夏の夜に行われる、約370年の歴史を持つ岩国市の伝統文化です。鵜匠が巧みに手縄で鵜をあやつる光景は勇壮で、鵜舟のかがり火とライトアップされた錦帯橋は幻想的な光景です。
 鵜飼は遊覧船に乗って、目の前で観賞することができます(事前要予約)。鮎が取れた時は、鵜匠が鮎を遊覧船へ投げ入れてくれます。ほんの数b先で繰り広げられる鵜飼の醍醐味を、存分に堪能できます。

遊覧船運航=19時〜21時
料金=大人(中学生以上)2000円、小人(小学生)1000円

Jimo通+ TV

広島県のコロナ対策や施策、政治の動向、東広島の印象など広島県議会議員・恵飛須恵二先生に聞いた【2020.7.2 特別編/新聞記者のひとり言】

昼と夜、どちらの事故が多い?【2020.7.1 後編/新聞記者のひとり言】

「時を戻そう」東広島のドライブスルー・テイクアウトどうなった?【2020.6.24 後編/新聞記者のひとり言】

雨の季節到来…東広島でも梅雨入り。変わる災害時の行動。あなたはどこに避難?【2020.6.24 前編/新聞記者のひとり言】

特集もっと見る