2019年12月07日(土) 11時45分 UP!!

14物件が登録有形文化財に 加盟8蔵全て登録


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 東広島市黒瀬町の金光酒造の8件と、同市安芸津町の榊山八幡神社の6件の計14件が、国の登録有形文化財(建造物)に登録されることになった。市教委では「貴重な建物の登録が市民の関心を高めるきっかけになれば」と話している。
 金光酒造は1880(明治13)年の創業で市中心部から南西12`に位置する。8件は離れや瓶詰所、包装所、煙突など。離れは大正後期の建物で、主屋の南側に渡り廊下を介して建ち、磨き丸太の縁桁(えんげた)など数寄屋造りを取り入れている。
 大正前期建築の瓶詰所と、明治前期建築の包装所は醸造施設の一部を構成する建物で、規模を拡大していった様子がうかがえる。昭和前期建築の煙突はイギリス積みのれんが造りで高さ12b、地域のシンボルにもなっている。

続き>> http://www.pressnet.co.jp/article/191205_01.php

Jimo通+ TV

今週のジモ通ニュースは?「コロナ」「ゆめタウン東広島」【2020.8.5 後編/新聞記者のひとり言】

プレスネット8/6号のニュースは?「SDGs東広島市が選定」「新型コロナウイルス対策」「黒瀬商工会 また来る券」【2020.8.5 前編/新聞記者のひとり言】

【対談】新型コロナウイルス対策、新しい生活に向けて「収束の形見えない 警戒は継続を」(勇木院長)

【動画でチェック】デザイナーが関わっている機能性重視の住宅

特集もっと見る