2020年01月08日(水) 13時30分 UP!!

市が5事業者と新電力会社 家庭用太陽光電力など購入 公共施設に電力供給

合意書に署名し握手する高垣市長たち電力会社の関係者

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 東広島市は、民間の5事業者と共同出資で地域新電力会社「東広島スマートエネルギー株式会社」を設立することになり、このほど事業者と合意書を締結した。今年2月までに会社の設立手続きを終え、今春から事業を始める計画。自治体が出資する電力会社は、県内では福山市に次いで2例目となる。 

 事業に参画するのは、市の他、エネルギア・ソリューション・アンド・サービス、中電技術コンサルタント、広島ガス、賀茂地方森林組合、広島銀行。社長には高垣広徳市長が就任する。市内で調達した再生可能エネルギーを、市の管理する公共施設に売電するのが事業の柱になる。 

 計画では、固定価格買取制度(FIT)買取期限後の家庭用太陽光発電の電力を1キロワット当たり9円で買い取り、市の施設に電力を供給。新ごみ処理施設が稼働する2021年秋以降は、同施設から発電する電力も購入する。5年後には、公共施設の電力使用量の約4分の1に当たる750万キロワットを、同社の電力供給で賄う。また、電力事業以外にも公共施設に省エネルギー設備を導入して光熱水費の経費削減を行い、削減実績から対価を得るESCO(エスコ)事業も手掛けていく。同社で得た利益は地域振興事業に役立てる。

 東広島市では、環境をキーワードにした持続可能な社会の構築を目指し、2015年に「市環境先進都市ビジョン」を策定。同ビジョンの推進を加速させていくため、今回、新電力会社を設立した。(日川)

Jimo通+ TV

今週のジモ通ニュースは?「コロナ」「ゆめタウン東広島」【2020.8.5 後編/新聞記者のひとり言】

プレスネット8/6号のニュースは?「SDGs東広島市が選定」「新型コロナウイルス対策」「黒瀬商工会 また来る券」【2020.8.5 前編/新聞記者のひとり言】

【対談】新型コロナウイルス対策、新しい生活に向けて「収束の形見えない 警戒は継続を」(勇木院長)

【動画でチェック】デザイナーが関わっている機能性重視の住宅

特集もっと見る