2020年02月24日(月) 10時25分 UP!!

ガソリン携行缶での購入 本人確認が必要【東広島Q&A】


※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


 2月1日から、ガソリンを容器で販売する際、事業者は購入者の身元や使用目的を確認することが義務付けられた。
 ―なぜ義務化?
 昨年7月に京都市のアニメーションスタジオで多数の死傷者が発生した火災を踏まえ、同様の事件を抑制するため、法改正が行われました。
 ―ガソリンスタンドでの対応は?
 従業員が身分証明書や使用目的の確認を行い、従業員が容器に詰め替えます。セルフサービスのガソリンスタンドでも同様です。ただし、容器への詰め替えを行っていないセルフのガソリンスタンドもありますので、事前に確認してください。
 ―農機具を使用する人はガソリンを購入する機会が多いと思います。毎回、本人確認が必要?
 ガソリンスタンドが既に氏名や住所などを把握している場合、ガソリンスタンドなどが発行する会員証やカードによって、あらかじめ本人確認がされている場合、顧客を特定することができる書類が提出されている場合は、本人確認を省略することができます。ただし、ガソリンスタンドによって確認方法の運用が異なる場合がありますので、事前に確認してください。

<回答>東広島市消防局 予防課 渡部佑介さん

特集もっと見る