ワンストップサービスが理念

注文住宅を施工・販売 テクノストラクチャーの販売が転機

 JR寺家駅近くの東広島市西条町寺家に本社を構える。東広島市や広島市を中心エリアに注文住宅の施工・販売を事業の柱に据えている地域密着型のビルダーだ。(日川剛伸)


西条中央に常設するテクノストラクチャーの家


東広島市八本松に10月27日にオープンしたモデルハウス
BinO FREEQ HOMES MONICA


▲建築家が考えたカスタマイズ住宅OPTモデルハウス

 創業は1971年。八本松町で住宅団地・日興苑の土地造成と分譲を手掛けたのが出発だ。その後、1999年に住宅建設の分野に進出した。住宅メーカーのパナホーム(現パナソニックホームズ)と日興ホームが共同で出資していたパナホーム広島が、パナホーム100%出資の子会社になったことがきっかけだった。

 パナホーム広島に出向し社長を務めていた村尾卓志氏(現日興ホーム会長)が、日興ホームに戻って社長に就任することになり、パナホーム広島で培った住宅建設のノウハウを生かすことにした。

 当初は、煉瓦の集合住宅やデザイナーズ住宅を施工・販売していたが、2005年に木造住宅の「テクノストラクチャー」を本格的に手掛けるようになったことが大きな転機になった。

 パナソニックが独自に開発した耐震住宅工法を採用しながら、東広島・広島の気候風土や顧客のニーズに合ったオリジナルの家づくりを展開。併せて用地の取得にも力を注ぎ、注文住宅メーカーとしての地歩を固めていった。

 鳴脇誠二社長は「パナソニックのブランド力と、弊社の独自性が上手くマッチングした。住宅建設事業の柱ができ、会社が飛躍する礎になった」と振り返る。

 2016年からは、趣味と暮らしをアレンジし、自分らしく暮らせるスキップフロアの住宅「ビーノ」を、今年からは建築家と一緒に家づくりを行う住宅「オプト」を、それぞれ手掛ける。テクノストラクチャーを求める顧客とは違う、ニッチな層にも狙いを絞った。今後は、3つの商品を柱に住宅建設を推進していく、という。

 ワンストップ型サービスの提供を経営理念に据える。遊休地の有効活用などを提案する土地有活営業部を社内に設けている他、12年にはリフォーム専門会社の「リライフ日興」を創設。顧客の土地探しから、家を建てて暮らしていくまでを、一貫してサポートする体制を整えている。このため、住宅を供給した後の顧客宅への定期訪問を重要視している。「家は家族の人間形成の場でもある。だから、家づくりはお客さまが住まわれた後が大事で、建ててからがお客さまとの本当のお付き合い」(鳴脇社長)との思いからだ。

 今後は、高齢者向けの住宅事業にも本格的に参画する。既に、広島市と東広島市でグループホームと、サービス付き高齢者向け住宅計3棟を運営するが、これから建設・運営をしていく棟数を増やしていく計画だ。さらに幼稚園事業に参入したい意向もある。住宅建設で培ったノウハウを、人の一生に係わる事業に広めていくビジネスモデルの構築を思い描く。

 住宅供給の中心となる東広島市、広島市とも人口の伸びは鈍化傾向だが、「地域ファーストコールビルダー」「生活の総合提案企業」を目指し、お客さんが『本当にいい家だね』『日興さんで家を建てて良かった』と言っていただくよう、コツコツと地道に取り組むだけ」と鳴脇社長。17年7月期の売上高は38億円。3年後には50億円を目指す。


社員同士の握手が朝の風景 鳴脇誠二社長に聞く

求めるコミュニケーション能力
社訓は忠恕の心と凡事徹底

 注文住宅の施工・販売を事業の柱に据える日興ホーム。社員数は56人(うち女性12人)(2018年10月現在)。全社員が地域密着型のビルダーとしての自負を持ち、仕事に取り組んでいる。鳴脇誠二社長に、採用計画や会社のカラーなどについて話を聞いた。


「朝のあいさつは握手から。明るく元気な会社です」と話す鳴脇社長
 ―採用計画は。

 毎年、新卒者と中途者を合わせて7人前後を採用しています。新卒者の採用は高卒を1人、大卒を2人〜4人の割合です。高卒は建設分野で、大卒は設計と営業分野で募集しています。中途者については、営業と設計の分野で随時、募集しています。

 ―求める人材は。

 コミュニケーション能力があって、明るく、礼儀正しい人。もう一つは、地元愛を持っている人ですね。地域密着型を掲げている企業なので、同じ能力を持った2人のうちのどちらか一人を採るとなれば地元出身者を採用するようにしてい ます。

 資格については、新卒者は入社後に取得してもらいますので、採用条件で資格の有無は問いません。ただ、中途者は即戦力の人材を求めているため、部署によっては、建築士やコーディーネーターなどの資格を入社要件に加える場合があります。

 ―女性社員の採用は。

 社員の約2割が女性です。男女に関係なく、適材適所の仕事に配置するようにしています。例えば、営業職には5人の女性社員がいますが、男性にはない女性ならではの気遣いを持って頑張っています。

 ―働き方改革が叫ばれています。

 年間の休日は、一部上場企業などの大手と比べる と、幾分少ないのが現実です。その代わり、一日の勤務時間を7時間半に設定し、仕事を離れた後の時間を有意義に使ってもらうようにしています。もちろん、仕事のスタイルは各社員で違ってきます。基本的には、時間の管理は各社員に任せるようにしています。

 ―会社の雰囲気は。

 元気で明るい会社でしょうね。出勤時には、社員同士で握手をしながらあいさつを交わすのが弊社の朝の風景です。社員のモチベーションを高めよう、と10年前から取り組んでいます。

 ―社員に訓示していることは。

 忠恕の心と凡事徹底です。社員には、誰であっても誠実に優しく接すように、と伝えています。それは一人の人間として振る舞う礼儀だと思っていますから。凡事徹底を説くのは、やり続けることが会社を支える力になっていくからです。

沿 革

昨年11月に開催した感謝祭。「お施主さまや地域の皆さまを招き、飲食やゲームなどを楽しんでいただいた」と同社

1971年 会社創立。八本松日興苑の分譲開始
1999年 住宅建設に進出
2001年 集合住宅の建設に進出。煉瓦の集合住宅の販売開始
2005年 注文住宅「テクノストラクチャ―」の販売開始
2011年 広島市西区のちゅーピー住宅展示場にモデルハウス出展
2012年 リフォーム専門会社「リライフ日興」創設
2013年 東広島市西条中央に常設展示場(LUXE)オープン
2016年 広島市東区の牛田住宅情報スクエア「アスタ」にモデルハウス出展
2018年 東広島市寺家に建築家とタイアップしたOPT展示場オープン



pagetop