東広島市内9町をそれぞれ深掘りする「東広島 暮らすた」。第2回は豊栄編。豊栄町の住民100人へのアンケートから、豊栄の文化をのぞき見します。思わず人に話したくなる∞行ってみたくなる¥報が満載!〈提供・東広島市〉

人とのつながり ほっとなまち

豊栄の「へぇ〜」


▲「どんどん淵にあるカッパのモニュメントがユニーク」(40代・男性、清武)

●小さい町だが保育園から高校まである。(20代・男性、清武)

●上水道が通っておらず、ほとんどの家が井戸水を使っている。(60代・男性、安宿)

●いい人が多い。先日、賀茂北高生に携帯電話を拾ってもらった。(60代・男性、乃美)

●ジビエ料理を扱う店が多い。(60代・女性、乃美)

●住めば都、空気がきれいでのんびりです。(80代・清武西)

●大きなハウスを何棟も建てて、ミニトマト、ホウレンソウ、コマツナなどを作って販売し、頑張っている若い人がいる。(70代・女性、清武西)

●地名などのイントネーションが他の市町と違う。例えば吉原だと「わら」の部分でイントネーションが上がる。(50代・男性、清武)

●私の家の焼き肉では、必ずイノシシ肉が出ます。(50代・男性、清武)

●ふくろう館と隣接のプールは、スポ少の合宿場所として夏は予約でいっぱいです。(40代・男性、能良)

●アマチュアバンドの練習場所が2〜3カ所あり、自前のPA機材をそろえたバンド活動が盛んです。(40代・男性、能良)


▲「豊栄産のゴボウは筋張ってなく、おいしい」(40代・女性、清武)
※写真=OKファームのゴボウ

●川源村だったように、沼田川水系、江の川水系、太田川水系の分水嶺となっており、各水系でサンショウウオが生息している。(50代・男性、鍛治屋)

●夜遅く仕事から家に帰った時、空は今にも星が降ってきそうな壮大な光の数々で、疲れて帰って、最後にいいことが待っている。(40代・女性、清武)

●米、ブドウがおいしい。(60代・男性)

●広島県の真ん中に位置し、県内外どこに行くのも行きやすい。(50代・男性、鍛治屋)

●なだらかな山並みと石洲瓦で統一された赤い屋根の民家が広がる風景。(20代・女性、乃美)

●小さな町だけどコンビニが二つもある。ガソリンスタンドが三つ、ホームセンターは二つもある。(60代・女性、清武)

●子どもが少なく寂しいのですが、その少ない子どものあいさつがよく、皆明るい子どもで、私たち老人は元気をいただいています。(70代・女性、清武)

●道路などの清掃をよくされるので、道路や町内がきれい。(60代・男性)

●運がいい(悪い)と1日に複数回、イノシシやシカに遭遇する。(40代・男性、清武)

●田の草を食べてもらうために飼育されている羊の毛を使って糸を紡ぎ、作品作りをしている工房がある。(50代・男性、清武)

「これがないと豊栄じゃない」というイベントや食べ物は?

1位 どまんなか豊栄ヘソまつり
2位 へそ丼
3位 板鍋山マラソン
4位 米
5位 リンゴ、ブドウ、ゴボウ

こんな楽しみ方はいかが

●サイクリングしながらおいしいものを巡る(へそ丼、ゴボウカレー、リンゴ、アイス、ジビエ・・・)。(50代、清武)

●天神嶽の頂上に「忠孝」と刻まれた大岩がある。麓の駐車場から徒歩40分で登れる。山頂からは、中国山脈、瀬戸内海が一望できる。登山愛好家の人がよく登っています。(60代・男性、吉原)

●どんどん淵は、川の中の岩から三方を見ると、絵画のよう。(60代・男性)

  • ▲多くの住民が「これがないと豊栄じゃない」と答えたへそ丼。広島県の中心に位置することから「へそのまち」としてアピールしており、卵をへそに見立てたご当地丼。杢兵衛で撮影

  • ▲「卓球日本代表が使っていた卓球台と、選手のサインが町内の地域センターにある」(40代・女性、乃美)

  • ▲豊栄ゴボウを使った「豊栄くらす」のカレー

  • ▲「卵の自販機がある」(40代・女性、乃美)



ラジオでまちまちトーク

 同じ東広島市内だけど意外と知らない他の町。豊栄町の川手晋治さん、黒瀬商工会の中島克則さんをFM東広島の番組に招いて、豊栄の魅力を再発見していきます。聞き手はFM東広島パーソナリティーで西条町出身の山本将輝さん。

―100人アンケートで気になった回答は。

中島 豊栄は北部のイメージがありましたが、「広島県の中央」に位置することを知らなかった。

川手 広島のへそということで、今年は8月3日に「どまんなか豊栄ヘソまつり」があります。腹に顔を書いてへそ踊りをする。腹を上手に動かして、顔の表情をつくっ ていきます。何年も出ているベテランから小さい子までいろいろな年齢の人が踊っています。

―小さな町だけどコンビニが2つ「も」ある、と回答がある。2つ「しか」ではないんですか。

中島 「も」という感覚なんですね。

川手 人口3000人ほどなのに、過疎地域としては恵まれていると思う。昔からある、というより、コンビニもホームセンターも新規オープン して増えている。隣の町から豊栄のスーパーに来る人もいます。

中島 乗馬クラブや軽飛行場もある、というのも意外。

川手 乗馬クラブには豊栄以外からのお客さんも訪れています。軽飛行場の近くでは、ウルト ラライトプレーンが飛んでいるのを見かけます。

―保育園から小・中学、高校まであるんですね。

川手 児童・生徒は減ってきている。高校を残そうと、地元企業が出前授業をするなどして、特色ある学校にしようとしてくれています。

―星がきれい、という意見も。

川手 空気が澄んでいて、街灯の数が少ないので、すごくきれいに見えます。

―西条ではあまり見えない。うらやましい。

中島 ところで、豊栄といえば、最近よくジビエの話を聞きますが…。

川手 「東広島ビジエセンター」という、狩猟から加工、販売までしている店があります。鮮度が命で、夏の味、冬の味があると聞きます。肉を楽しみにしている人も多いです。「トムミルクファーム」や「豊栄くらす」でジビエ料理を提供しています。私は農家で、イノシシなどに畑を荒らされることがあるので駆除にもなり助かります。

中島 ぜひ食べてみたいですね。

ラジオでまちまちトークはFM東広島(89.7MHz)で放送!
7月26日(金)18時〜
7月29日(月)18時〜再放送


pagetop