〇 I・Kさんの取り組み(東広島市八本松町飯田)

茅ぶき屋根
朝起きると四方八方を窓を開ける
風呂の残り湯 or シャワーを浴びる
日中、熱いうちにい気合いを入れて料理をつくっておく
掘り抜き井戸を上手に利用
 (ホースで水まき or 流水をアーチ型に設定し、水しぶきを出し続ける)

〇 Y・Yさんの取り組み(東広島市高屋高美が丘)

賃貸の集合住宅に住んでいるため、大規模な取り組みはできませんが、ベランダの窓を覆うようにヘチマ、ゴーヤ、キュウリでグリーンカーテンを設置。窓には風が通りやすいように、室内側に簾を取り付けて自然な涼しさをつくる努力をしています。
 夕刻には、お風呂の残り湯を使いベランダに打ち水をしてベランダを冷やし、窓からの熱気を減らし、室内の涼しさを作り出し、夜間はエアコンなしで眠れる努力をしています。

〇 T・Cさんの取り組み(東広島市高屋高美が丘)

職場のエアコンは28度設定。扇風機などを活用して空気の循環を促しています。暑いときはうちわや扇子で仰ぎながら仕事をしています。

〇 S・Tさんの取り組み(東広島市西条本町)

我が家は4階建てのビルですが、最上階に次のような工夫をして、涼しく過ごしています。

詳しく見る>>

〇 S・Aさんの取り組み(東広島市八本松)

自分の家では短パン、ステテコ、ランニング、キャミソール等の涼しげな格好で過ごし、外出するときに着替えるようにしています。エアコンの温度を下げすぎないようにしつつ、扇風機併用にしています。

〇 K・Aさんの取り組み(東広島市高屋高美が丘)

●エネルギーを使わない工夫 〇エネルギーを捨てない・使い切る工夫
◎ひとつのエネルギーを多方向に使う工夫

「室温調節」
 ●日差しの強い窓には、よしずを立てる
 ●クーラーは、冷房よりも除湿(ドライ)運転で。
  (同じ温度設定でも、除湿運転の方がカラッとして、体感温度が低くなります。使用電力も節約になると聞きましたが、こちらは定かではありません)
 ●風鈴をつるす(住宅地などでは重りを重くすることで鳴りすぎを防止できます)
 ◎グリーンカーテンの水やりは根元ではなく、上部から。
  (散水量は少し増えますが、気化熱が奪われるので、室内は涼しくなります)

「節水(水の浄化にもエネルギーが必要なので)」
 ◎米のとぎ汁はバケツにとっておき、植物に撒く(肥料にもなる)
 ○クーラーの室外機から出る排水は、バケツにとっておき、植物に撒く
  (一晩中除湿運転したときには、じょうろでは溢れているくらいです)

「温水器」
 ●季節の使用状況などによって、沸き上げ湯量や温度を調節する(夏は少なめ)
 ●留守にする期間は沸き上げを中止する

「冷蔵庫」
 ●季節によって、こまめに温度設定を調節する(案外、夏でも弱設定でいけます)
 ◎冷凍肉・魚は、半日かけて冷蔵庫でゆっくり解凍する
(ゆっくり解凍する方が食品の変質が少なく、冷蔵庫のこない温度も下げられる)

「麦茶」
 ○水を入れたやかんや鍋をオーブントースターの上に置いておく
  (毎日トースターを使うので毎日その熱で麦茶を沸かし始めます)
 ◎冷ました麦茶をペットボトルに入れ冷凍しておき、弁当を一緒に持っていく
  (弁当の保冷剤代わりにもなり、麦茶も冷たく飲める)

「台所ゴミ」
 ◎野菜くずの木の葉などは、できるだけ家庭菜園の土に戻す
 (ゴミの減量にもなり、肥料にもなる)
 ●使用済み麦茶やパックコーヒーフィルターは、食器やフライパンに付いた油脂をぬぐって捨てる
  (肉類の脂のベタベタ汚れもよく取れて、フライパンのサラダ油ぐらいなら洗剤を使わなくてもいいくらいです。節水でき、排水の汚れも防げます)

「エコドライブ」
 ●○できるだけ不要なアクセルやブレーキを踏まない。
  (赤信号や停車中の車、カーブなど速度を落とさなくてはいけないのが分かっているときは惰性で進み、そうしているうちに進める状態になったら、そのまま惰性でスタートする。ただし、後続車の有無なども確認しながらですが。今まで気が付きませんでしたが、自分がそうした意識をして運転していると、同じような運転をしている人が結構いるのに気付きました)

〇 K・Yさんの取り組み(東広島市西条町)

スダレに遮光ネットを取り付けて太陽を防ぐ

詳しく見る>>


pagetop