新学期から、子どもを塾へ通わせたいと思っている保護者もいる。たくさんある塾の中でひとつを選ぶのは大変。 今回、各塾講師の自分スタイルの授業を動画にした。塾選びの参考にしてみては。

『公民・どうして南の国の事を知らないのだろう』

科目:公民

社会科を勉強することで、物事を多角的に捉える力を身につけよう!!
京進スクールワン西条教室
吉田純太郎先生

 社会科と聞くと、暗記だけの教科に思われやすいですが、理解せずに覚えた単語は定着しにくく、すぐ忘れてしまいがちです。授業で理解してもらって、その理解を出力することで定着化を目指します。社会は物事を多角的に捉える力を養います。楽しく学びましょう。

『英語・中学2年新年度先取り!be動詞の新しい使い方』

科目:英語

勉強するなら楽しくしよう!!
明光義塾 西条中央校
武島千明先生

 勉強は本来、知らないことを知ることができる「楽しいもの」。そこに気付いてもらうための授業を、生徒ひとり一人に寄り添いながら日々おこなっています。私自身も明光出身。分からないことを気軽に質問できる環境のお陰で苦手を得意に変えることができました。一緒に頑張りましょう!!

『算数・速さの問題を公式抜きで解く!』

科目:算数

公式に頼らない概念の根本原理の理解を追求しよう!
IKUEI個別学院
教室長 前浜論先生

 速さの問題は、多くの生徒が苦しむ単元です。それは「単なる公式の暗記」に頼っているからにほかなりません。授業では、公式に頼らず原理や概念を理解してもらうように展開しています。一緒に頑張りましょう!


『県広中入試の適性検査対策を理解するには』

科目:県立広島中の入試対策

基礎を固めて、入試対策をしよう!
みのうら塾
塾長 蓑浦直美先生

 県広中受験は難しく、対策がしにくいと言われています。みのうら塾では基礎をしっかり固めて、普段からただ解くのではなく、なぜそうなるのか考えながら勉強することにより思考力を高めます。生徒同士で競い合い、教えあったりすることで一人では解けない難題も解けるようになります。みなで頑張りましょう。

「数T〜数学学習の効率化〜」

科目:数1

知識はラストからではなくオールドから使え!!
個別指導 彩星館
上重智治塾長

 いつも生徒たちに数学で伝えていることは「高校数学にヒラメキは必要ない」ということ。数学は積み重ねの学問で、数ある数式から正しいものを選択するだけ。また知識はラストからではなくオールドから使え!!とも教えています。現在学習している知識から使うのではなく、昔、頭に入れ込んだ、数式、定理、公式が使えないか?から考えることが重要です。実際に大学受験直前にオールドの知識を使えるように中学校の授業を実施して、国公立大学に合格した生徒も複数います。