新型コロナ 東広島でも変わる災害時の行動

 東広島も梅雨入りし、大雨や台風で災害が起こりやすい時期となった。今年は新型コロナウイルス対策として、国は「分散避難」を呼び掛けている。例年以上に、「いざというとき、どう行動するか」を考えておく必要がある。(橋本礼子)

 これまでは「避難=避難所」と考え、備えて行動してきたが、新型コロナ禍の今、「車中泊」「自宅」「親類・知人宅」なども命を守るための選択肢の一つとなる。

 ▼避難所 避難所は「3密」となりやすいが、「今自分が危険な場所にいる場合は、迷わず避難所に行くことが重要」と、広島大学防災・減災研究センターの海堀正博センター長は強調する。市は、昨年度より5カ所多い46カ所の避難所を、警戒レベル3から開設していく。避難所での対応については、コロナ対策のマニュアルを作成し、関係者に配布。受付で避難者の体調や基礎疾患などについて確認すること、体調不良者には別のスペースを設けることなどが示されている。

 ▼車中泊 東広島市は、コロナ対策として自家用車での避難場所を準備。一定規模の駐車スペースとトイレがある左下表の6カ所を開設する計画。

 ▼自宅 土砂災害または浸水の危険がある区域やその近くではない場所に自宅がある場合などは、自宅での避難も選択肢に。その時の注意点は左上を参照。

 ▼親類・知人宅 安全な場所に住んでいて身を寄せられる親類・知人がいる場合は、そこに避難を。

 いずれの避難先にせよ「早めの行動が重要」と海堀センター長。「こうしようと思っていても、急に周囲の状況が変わることがある。西日本豪雨の際も、とっさの判断で明暗の分かれた人が多くいる。日ごろから『もしかしたら、この道は冠水して通れなくなるかもしれない。その時はこのルートに/しよう』などと連想し、より多くの行動の選択肢を持っておくと、いざというときに焦らずに行動できる」と話す。

 複数の選択肢を、他者と共有するにはコミュニケーションが不可欠。家族、近所の人、勤務先の人、親類・知人などと避難について話すことがポイントとなる。

レッツ アクション!

>>自宅や職場が安全な場所か調べる

>>市防災メールを受け取れるようにする

>>リアルタイムで河川水位などの情報を見る

>>緊急告知ラジオを備える

解説 警戒レベル

 災害時の避難の必要度を5段階で示している。レベルに応じて住民が取るべき行動を明確にしている。

警戒レベル 住民が取るべき行動
命を守る最善の行動
危険な区域に住んでいる人は全員避難
危険な区域に住んでいる高齢者らは避難
避難に備え、自らの行動を確認する
災害への心構えを高める

自宅にとどまる 在宅避難

ポイント

在宅避難もありえる場合

●ハザードマップで土砂災害特別警戒区域やその近く、浸水区域に入っていない

●丈夫なマンションの上層階に住んでいる

 自宅は危険だが外への避難ができなかった場合、または、自宅の近くに雨で増水する小川や水が湧き出す崖などがある場合は、以下の部屋に移動

ポイント

●2階以上で、川から離れた部屋でなおかつ下流側の部屋

●2階以上で、崖から離れた部屋

広島大学防災・減災研究センター 海堀正博センター長
広島大学防災・減災研究センター 海堀正博センター長
自宅での避難 ここに注意!

 ハザードマップで、浸水や土砂災害の危険性が示されていない場所であっても、雨で増水する小川、大雨で水がたまる道路、水が湧き出す崖などが近くにある家は要注意。家の中でも、危険度の低い場所に移動しましょう。東広島市の特徴として、勾配が緩やかな山でも、土石流が発生しているという点があります。これまで発生しなかったから今回も大丈夫、という考えは危険です。状況に応じて、選べる避難先の選択肢を考えておきましょう。

1日程度の短期的な避難先として車中泊

ポイント

開設する場合は、市防災メールなどで情報を発信

ポイント

市の職員は常駐しないので、最低限の食料や飲み物を準備する

東広島運動公園の駐車場
東広島運動公園の駐車場

自家用車用避難場所
●東広島運動公園駐車場(西条)
●龍王山総合公園駐車場(黒瀬)
●道の駅湖畔の里福富駐車場(福富)
●豊栄ふれあいグラウンド駐車場(豊栄)
●河内スポーツアリーナ駐車場(河内)
●安芸津市民グラウンド(安芸津)

車中泊 ここに注意!
東広島市危機管理課 坂手顕介 課長補佐兼防災対策係長
東広島市危機管理課 坂手顕介 課長補佐兼防災対策係長

 プライバシーを確保しやすい車中泊ですが、エコノミークラス症候群となるリスクがあるため、1日程度の短期的な避難場所として運用します。市のホームページでは、エコノミークラス症候群の予防策を公開していますので、確認してください。長期化する場合は、指定避難所に誘導します。また、豪雨になってからの運転は危険です。食料、飲料などを備えてから避難場所に移動してください。

>>自家用車用避難場所の地図とそれぞれのトイレの場所などを確認する